妻が末期ガンになったら、願い通りに逝かせてあげたい――最期の日々と終末期医療と苦しみを和らげるホスピス

(著) 駒ヶ嶺泰秀

Amazon

作品詳細

[商品について]

―苦しみは共に味わえば半減する。喜びは共に味わえば二倍になる―

末期がんの症状に苦しみながらも、限られた命を受け入れ最期の時まで精一杯生きた妻。綺麗ごとでは済まない妻の死という運命を突きつけられながらも、心の葛藤を胸の奥に秘めて寄りそい続けた夫。生と死を見つめたふたりの時間は、けっして失われることはない。妻が必死に生き抜いた証がここにある限り――。本書は、末期がんを生きるということ、そしてそれを支えることの現実を、闘病生活の様子や折々の思いを詠った短歌とともに綴った、ある夫婦の人生記である。終末期医療や苦しみを和らげるホスピスの実際を知るうえでも、お薦めしたい一書。



[目次]

はじめに

倶会一処

発 病

死を見つめて

先立つのは、私のはずだった

手づくりの「倶会一処」

泥土の中から出てきた壊れた観音さま

苦悩と絶望と反抗

一度ならず死にそこなった体の二人だから

お釣りの人生だと思って

慟 哭

鈴蘭の思い出

病状説明

手 術

心に元気を取り戻し始める

ひまわりクリニックを訪ねる

担当医Y先生から丁寧な説明

メシマコブとの出会い

医師たちも看護師さんたちも不思議がった

努力目標を定めながら

鉢伏山と駒草のこと

死出の旅のリハーサルを

竹馬の友の同期会に

「群炎」展に最後の参加

大きな岐路に

早春の千倉へ

帰らぬ最後の入院――ホスピスへ

ホスピスでたくさんの感動

最後のドライブ――鉢伏山へ

クオリティ・オブ・ライフを

「あと何日生きられるの」

「五十七年間ありがとう」

追 記

歌集 倶会一処

がん告知から一周忌までの記録

〈歌集 倶会一処〉あとがき

駒ヶ嶺恵子制作 紙粘土人形

著者プロフィール



[担当からのコメント]

「目の前に死がぶら下がっていて、その恐怖と必死に格闘している」ところに「他人がやって来て色々なことを話されると、折角覚悟ができそうになっているのに、また乱れてしまう」――これは見舞いに来てくれた親族に帰ってもらうための言葉として、本書に綴られているものです。この言葉の重さを理解するのは、決して簡単なことではありません。本書に収められたこうした言葉の数々は、私たちに改めて生きることの意味を問いかけます。こんな時代だからこそ、ぜひ多くの方にお読みいただきたい作品です。



[著者プロフィール]

駒ヶ嶺 泰秀(こまがみね やすひで)



昭和13年、岩手県の北部、岩手山の北東、西根町に生まれる。

中学生の頃より俳句短歌を好み、地方新聞に投稿。

昭和33年4月上京、大学に学ぶ。

昭和37年4月より、東京の府中市にある明星高等学校に教員として勤務する。

平成15年3月同校退職。



趣 味

俳句・短歌 旅行ドライブ 書画 読書 囲碁・将棋 映画鑑賞 グラウンド・ゴルフ パークゴルフ

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報