学校では教えてくれない「愛される人」になる授業

(著) 溝端勇二

Amazon

作品詳細

[商品について] 世の中から愛されたい、もっと世の中から必要とされる人間になりたい、そう思ったことはありませんか? 世の中で愛される人、必要とされる人との違いは何なのでしょうか。 一言でいえば、それは「愛される方法を知らない」だけなのです。 「愛される人」になるのは簡単です。少しのコツをつかめば、誰でも「愛される人」になることができます。 本書は、「嫌われ者」から「愛され、必要とされる人」へと人生を180度転回させた著者が、ビジネスや教育に携わる中で得た体験をもとに、「愛される人」になるためのコツをまとめたものです。 仕事、家庭、恋愛、人間関係・・・、もう悩むだけの日々は卒業して、ぜひ本書と共に新しい世界への一歩を踏み出してください。 [目次] ■はじめに:一番の嫌われっ子が一番愛されるようになった ■第1章:人は見た目が9割 1.とにかく「見た目」を良くしろ! 2.ファッションは自分のセンスで決めるな! 3.明るい色の服を選べ! 4.清潔にしろ! 5.ワンポイントのオシャレをしろ! 6.テーブルマナーには気をつけろ! 7.猫背になるな! 8.笑顔になろう! ■第2章:話し方一つで印象は変わる 9.ボソボソと小声で話すな! 10.乱暴な言葉遣いや上から目線の話し方はするな! 11.ユーモアのセンスを磨け! 12.話し上手より、聞き上手になれ! 13.話の腰を折るな! 14.話の引き出しをたくさん持て! 15.ネタがないときは自分のことを話せ! ■第3章:愛される人は日々の習慣が違う 16.愚痴を言うな! 17.ウソをつくな! 18.人の言いなりになるな! 19.1日10回以上「ありがとう」と言え! 20.謝り上手になれ! 21.小さなことでもほめる癖をつけろ! 22.約束を守れ! ■第4章:すぐやる人は愛される 23.恐れずに第一歩を踏み出せ! 24.先に何かをしてあげろ! 25.自分の人脈を積極的に紹介しろ! 26.アピールポイントを3つ作れ! 27.段取り上手になれ! 28.即断即決を心がけよ! 29.新しいことにチャレンジしろ! 30.自分の夢を応援してくれる仲間を作れ! 31.人生を楽しめ! ■第5章:「愛されキャラ」にはすぐなれる 32.人と比べるな! 33.人に優しく、自分に厳しくしろ! 34.細かいことは気にするな! 35.許す心を持て! 36.自分を飾るな! 37.人の心に土足で踏み込むな! 38.マメになれ! 39.喜怒哀楽を顔に出せ! 40.消極的になるな! ■第6章:「NO!」より「YES!」の数を増やせ 41.人の言うことを否定するな! 42.「でも」と言うな! 43.すべてがうまくいくことなどないと心得よ! 44.自分のことを嫌いになるな! 45.「NO」と言うな! 46.起きてもいないことで、あれこれ悩むな! ■第7章:悪口は10倍返しでやってくる 47.言葉を選べ! 48.思いやりの心を持て! 49.人に興味を持て! 50.壁を作るな! 51.違いを認めろ! 52.自分よりも相手を優先しろ! 53.失敗談を語って弱みを見せろ! 54.断り上手になれ! 55.叱れる人になれ! 56.人の悪口は10倍返しでやってくると心得よ! ■第8章:愛される人はプレゼント好き 57.選ぶより選ばれろ! 58.空気を読め! 59.一緒にいてやすらぐ人になれ! 60.パートナーの良いところを探せ! 61.お金で買えないものをプレゼントしろ! 62.サプライズを仕掛けろ! ■第9章:相手を喜ばせることが自分の喜び 63.人を責めるな! 64.自分の意見をしっかりと持て! 65.相手を喜ばせろ! 66.親や家族を大事にしろ! 67.ご先祖様を大事にしろ! 68.もっと余裕を持て! ■おわりに ■著者略歴 [出版社からのコメント] 例えば同じ様に行動し、同じ様に話しても、人によって印象が異なるということはありますが、それは同じ様に見えて実は違うということなのだろうと思います。人に愛され、必要とされよう思うことは、人から信頼されようと思うということでもあります。毎日の生活のちょっとしたことを、そうした思いを持って過ごすかどうかは、とても大切なことです。 「嫌われ者」は自分だけでなく周りも不幸にしますが、「愛される人」は自分はもちろん周りの人も幸せにします。 本書が多くの人の「幸せ」を生み出す一助となればうれしく思います。 [著者プロフィール] 溝端 勇二(みぞばた ゆうじ) 1962年、京都府京都市生まれ。 中1のころから高校生の不良仲間と一緒にケンカや悪事に明け暮れる毎日を送る。 中3のとき、自動販売機コーナーの両替機を壊したのが原因で警察に捕まり、少年院に送致されるも、教官から掃除の仕方をほめられた時に「嬉しい」と思ったのをきっかけに、より良い人間になろうと決意し、模範生として半年で出院した。 19歳のときにセールスの仕事と出会い、20才で結婚資金500万円をつくり、自己資金で結婚式を挙げる。仕事を通じて、お客さんから頼まれた問題やトラブルを解決してあげているうちにトップセールスとなる。その後、母親が経営する健康食品の販売会社に経理として入社し、5年間かけて倒産寸前だった会社を立て直す。 30歳のときに、世の中に恩返しがしたいと思い、長野県上田市の青年会議所に入会。地域の祭りの運営責任者を務めたり、三輪明宏氏の講演会を主催したりするなど、青年会議所の活動に積極的に参画。 同時にPTA活動にも力を入れ、上田市北小学校のPTA会長に就任したのを皮切りに、上小PTA連合会会長、長野県全体のPTA副会長を経て、公益社団法人日本PTA全国協議会より表彰される。 さらに、長野県の「教員の資質向上・教育制度あり方検討会議」の委員を務めたときに、長野県は日本でもトップクラスの少子化、高齢化、晩婚化であることに憂いを感じ、婚活の大切さを実感。この問題を解決するために、一般社団法人長野県法人会連合会とともに、社会貢献事業の一環として「ながの結婚支援センター」を設立。 結婚支援の現場で、出会いを提供し、あらゆる人の相談に乗り感じたこと、勉強もでき高学歴で資格もたくさんあるが、なぜか幸せになりづらい考え方をしている人が多いことに気づいた。現在、「マイナス100点の転落人生」から「愛される人」になり、プラス100点の人生の階段を上った経験を活かし、自分に自信がない、シャイだから、引っ込み思案だから、そんなコンプレックスを持っている人が、生き生きと幸せな人生の歩き方ができるよう、個別のサポートや行政からの依頼で結婚したい男女を対象に「愛される人」になるためのセミナーも開催している。 ・ながの結婚支援センターHP:http://www.msc-nagano.jp/ ・ライフスタイルコンサルティング 幸せな人生の歩き方: https://mizobata-yuji.jp/ ・溝端勇二Facebook:https://www.facebook.com/yuji.mizobata ・コミュニティー Aloha Village: https://www.facebook.com/groups/591257381680824/ ・講演などのお問合せ先:info@mizota-yuji.jp

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報