小久保継の洒落と諷刺の世界 : 嫌なことニヤッと笑って吹き飛ばそう

(著) 小久保継

Amazon

作品詳細

[商品について]

―おつむより おむつ使えと 言われてる―

・子ども手当はもらえるが 年寄りゃ手当に要注意

 それが何より証拠には 医師の手当てじゃ金が要る。

・配備反対してるのに 何が何でも押しまくる

 それが何より証拠には これが本当の押すプレイ(オスプレイ)

(本書より)

柳亭痴楽好きの少年は、洒落と冗句を糧にして立派なユーモア人間になりました。政治、家族に人生と、色とりどりの素材を使い、(悔し)涙と(冷や)汗と(苦)笑いのスパイスに、シニアの悲哀の風味も効かせた渾身のユーモア作品集、老いも若きもご賞味あれ。



[目次]

もくじ

ごあいさつ/作者プロフィール

≡新聞投稿≡

!?18歳と81歳の違い!?

創作漢字

♪おたまじゃくしは蛙の子♪

綴り方狂室・音楽狂室

愛知県編

静岡県遠江編

静岡県駿河・伊豆編/番外編

あとがき/作者略歴

日本全国 五七五で綴るお国自慢シャレ自慢



[担当からのコメント]

人生いろいろあるけれど、「笑い」は何よりの薬です。今日もイヤなことありました? だったら笑いで忘れちゃいましょう。殺伐とした日々のちょっとした清涼剤として、どうぞ本書をお楽しみください。



[著者略歴]

小久保 継(戸籍 繼)



昭和15年 静岡県磐田郡竜川村(現浜松市天竜区)で生まれる

昭和22年 竜川村横山小学校入学

昭和28年 竜川村竜川中学校入学

昭和29年 水窪町(現浜松市天竜区)水窪中学校転校

昭和31年 浜松北高校入学

昭和34年 電電公社(現NTT)入社(浜松・静岡・掛川・磐田・名古屋・豊橋・豊田等転勤13回)

平成8年  電気通信共済会(テルウェル)入社

平成13年 同退社(素老人となる)

平成18年 豊橋市民文化会館にて「洒落と風刺の作品展」開催

平成19年 喫茶店『萬木』にて「洒落と風刺のミニ作品展」開催

平成22年 かしわぐま光代事務所にて「洒落と風刺の作品展」開催

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報