生きとし生けるものへ、ブッダの心に還ろう:—ゴータマ・シッダッタ、人生の旅

(著) 東郷日出男

Amazon

作品詳細

[商品について]
―ブッダ的人生、ブッダ的ココロ―
ブッダが死して二千四百年。その心は、今なお、我々の胸中に、脈々と生き続けている。しかし一方で、世界には環境破壊や紛争など多くの解決すべき問題が山積し、 解決の目途もないまま混迷を極めている。本書は、そうした時代に、改めてブッダが問いかけていることに真摯に耳を傾けるために、ブッダの一生を追い、その足跡を通じて「人間らしく正しく生きる」ためにはどうすれば良いのかを考えようとする作品である。今の日本人が忘れてしまった大切なものとは何かを知るうえで、示唆に富む内容となっている。

[目次]
一 誕生
二 幼少期
三 成年期
四 夢
五 出家
六 修行への道
七 ひとりぼっち
八 スジャーター
九 思索
一〇 旧い友
一一 歴史
一二 サーリプッタ
一三 故郷
一四 継母
一五 家族
一六 それから
一七 最後の旅
一八 死
あとがき(現代人へのメッセージ)

[出版社からのコメント]
よりよく生きたい、幸せになりたいという願いは誰もが持ちますが、そのためには人間としてどう生きるべきであるのかということまで考えることは、中々ないことだろうと思います。ブッダの人生を通じて、「私」から「人」へと軸足を移すためのヒントを多くの方に感得していただければ嬉しく思います。

【著者略歴】
東郷 日出男(とうごう・ひでお)

1937年生まれ。滋賀県出身。千葉県八千代市在住。
同志社大学経済学部卒業後、電気化学工業株式会社に入社。同社に定年まで勤務。現在無職。
趣味は読書(経済、文学、仏教関連)、散歩。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品