続えにし:三十歳からの十年

(著) 上杉辰

Amazon

作品詳細

[商品について]
―泥まみれの魂が求めるものとは―
前科のある自分を人の道に戻してくれた「大将」の死を乗り越え、託された想いを受け継ぐ決意を胸に新たな人生を歩み始めた野村光夫は、新居を構え、生涯の伴侶を得て、家族の温もりの中で幸せな生活を送っていた。しかし、突如として起きた妻の両親の事故死によって、運命の歯車は再び狂いはじめる。妻の入院、不倫、忍び寄る病魔・・・欲に溺れ道を外れた光夫が自らの死期を悟り取った行動とは――。
前作「えにし」に続き、人の弱さ、生きることの難しさを描いた、苦悩と終わりの物語。

[目次]
まえがき
心機一転
人生山あり谷あり
新生活とその先
人生の危機
病院生活スタート
懲りない欲望
手術日
追い出される
家族のもとへ
最後の親子旅行
最後の安らぎ
生き恥
あとがき

[出版社からのコメント]
純粋な気持ちでまっすぐに生きていこうとしても、心の中に潜む欲や驕りは気づかないうちに大きくなっていることがあります。本作を通じて、生きることの難しさや自分の心を蝕んでいるかもしれない様々なものを見つめ直すきっかけを持っていただければ嬉しく思います。

【著者プロフィール】
上杉 辰(うえすぎ・しん)
(本名:穐山和壽)
静岡県沼津市出身

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報