C#で運動を見る【電子書籍版】

(著) 川上正之

Amazon

作品詳細

[商品について]
―物理の根源的な楽しさを味わう―
様々な物理現象で成り立つ私たちの世界をより深く理解するためには、物理現象の基本をしっかりと観測する必要がある。そのために本書は、様々な物理現象の中から質点系の力学を取り上げ、比較的扱いやすいプログラム言語であるC#を使用して、コンピューターによる物理現象のシミュレートに必要なプログラムの手法を解説する。本書を通じてプログラムの流れを把握し、自在にシミュレートする方法を学ぶことで、様々な物理現象への理解を深めることができる。

「目次]
「c #で運動を見る」の電子書籍発刊に寄せて
Visual Studio 2019を用いてC#のプログラムを作成

ヒント
参考文献
第1章Windows用プログラム1
 1.1 はじめに
 1.2 C#を起動する
 1.3 タイトルを表示する
 1.4 メニューをつける
 1.5 「描画」ボタンをつける
 1.6 ペンとブラシ
 1.7 ダイアログボックス
 1.8 複数のパラメーターを表示する
 1.9 Visual C#のテンプレート
 1.10 「デザイナ」を使う
 1.1 1 Template全体の構成
第2章近似解法
 2.1 運動の方程式
 2.2 ルンゲクッタ(Runge-Kutta)法
 2.3 微分方程式を近似的に解くその他の方法
 2.4 ニュートン法
第3章「減衰振動」のプログラム
 3.1 現象を理解する
 3.2 テンプレートを変更する
第4章質点系の運動
 4.1 成長振動
 4.2 物体の放物運動
 4.3 2質点の連結振動
 4.4 3質点の連結振動
 4.5 変位の3乗に比例する項を含む振動
 4.6 惑星運動(3体問題)
 4.7 連成振動
 4.8 二重振り子
 4.9 衛星の運動
あとがき
索引

[出版社からのコメント]
パソコンの性能が飛躍的に向上し、プログラムの開発環境も進化している今では、かつて専門の研究所で行っていた様な計算も自宅でできる様になりました。本書の内容を理解するには物理とプログラムの基礎を理解している必要はありますが、様々な物理現象を自分のコンピューター画面で再現し、理解を深めていく喜びを、ぜひ多くの方に味わっていただければ嬉しく思います。

[著者略歴]
川上 正之(かわかみ・まさゆき)
昭和16年 東京都で出生
昭和34年 福島県立原町高等学校卒業
昭和39年3月 東北大学理学部物理学科卒業
昭和41年3月 東北大学理学研究科物理学専攻修士課程修了
昭和41年4月 東北大学理学部物理学科助手
昭和55年6月 鹿児島大学理学部助教授
昭和56年7月から昭和57 年7 月まで、
  西ドイツ、ユーリッヒ、原子核研究施設(KFA) 研究員
平成7年7月鹿児島大学理学部教授、現在に至る
理学博士、専門は磁性体の物理学

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品