SuuDokuを自作題で楽しむ

小館 英實(著)

発売日:2016年11月8日

 SuuDoku を楽しむというのは正解を得ることが第1 である。短時間で解くことを目標にしているが、一度も躓かずに終わると物足りない。逆に、長い時間をかけても迷路から抜け出ないときは気力を持続出来なくなり、一休止か、撤退となる。 

短時間で終えた同じ課題を少し後で、再挑戦すると時間がかかることもある。そのときは体調が下り気味であることを知ることが出来る。このSuuDoku の難易度は何に起因しているのか、を少しでも解明したいと思っていた。個人的な難易度は難しさを感じる難感度というべきで、客観的には、数字を用いて、何かの指標で著すことが望ましい。最近は聞かなくなったが不快指数という気象指標があり、温度と湿度で算出される。

 

カテゴリー:

ゲーム

数学