唐詩読解法

松尾 善弘(著)

発売日:2016年9月29日

本書は漢語(特に唐詩)の「平仄」に関する研究書であり

またその語法に関する論考である。

 

漢語の碩学である著者が、その知識を総動員して送る

知的でユニークな唐詩の読解術とは?

 

「それは平板なくり返しではなく、蝸牛の如き歩み、小さな発見の積み重ねではあっても、螺旋状の発展であったと自負している」(まえがきより)という著者の渾身の漢詩・漢文読解法。

 

カテゴリー:

 

歴史

学術書