『日本一短い!読書感想文コンテスト!』

 

 

審査結果発表!!


 

詳しくは、各バナーをクリック! 

長きに渡り開催してまいりました、感想文コンテスト。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました!

審査風景レポート 2017. 02. 21


審査風景の取材をするため、三名の先生の元にお邪魔してまいりました。

 

是非、その様子をご覧ください!

 

『ジョークで知るモンゴル』著者、戸田等先生。

『人類普遍の原理』著者、榎本昭先生。

『囁く葦の秘密』他三冊の著者、雨宮惜秋先生。

 

お忙しいところ、快く撮影にご協力いただき、誠にありがとうございました。

まずは、『ジョークで知るモンゴル』著者の戸田等先生。 


先生の事務所にて審査をしていただきました。

特に『ジョークで知るモンゴル』は投稿数が多い作品でした。

 

その感想文全てに目を通されます。

 

本コンテストは第1回目のコンテストとなります。

 

22世紀アートで何冊か出版をいただいている先生にとっても初の試みということで、真剣に一つ一つ目を通されておられました。

続きましては、『人類普遍の原理』著者である、榎本昭先生。


ご自身のクリニックでの審査です。

榎本先生も真剣に、ご応募いただいた感想文全てに目を通されております。

 

時折、「なるほど」という呟きが聞こえてきました。

最後に取材させていただいた「雨宮 惜秋」先生の奥様、久代様。


コンテストには『囁く葦の秘密』『囁く葦の秘密・完結編』『純白の未来』『慟哭のヘル・ファイアー』の4作品をエントリーいただきました。

悩まれておられます。

 

気になるものには付箋を貼り、矯めつ眇めつ眺めていらっしゃいました。

 

4つの作品の大賞を選ぶため、相当悩みに悩まれていました。

 

でも「参ったなぁ」と仰るそのお顔は、どこか嬉しげのご様子でした。

制作部総評


まずは、コンテストにご応募いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

 

いただいた感想文は順次、各作品のコメント欄に更新していく予定でおります。

大賞の感想文については、22世紀アートホームページやAmazon販売ページの商品紹介文として掲載をさせていただきます。

 

今回、審査風景の取材をさせていただいた作家様からは、興味深い意見が多く、普段聞けないような感想をダイレクトに受けることができて、とても刺激を受けたとのことです。

そして、純粋に嬉しかったとのお声を頂戴しました。

 

22世紀アートがコンテストを開催している理由のひとつとして、

 

 

『本の作者と読者の絆を紡ぐこと』があります。

 

 

『日本一短い!読書感想文コンテスト』で紡いだ絆は、読者が『本を読み』、そして『感想を書く』、それを著者が『読む』ことで『新たな創作活動』に繋がっていくことを期待しています。

 

ただ、より多くの新しい読者の方に純粋に本を読んでいただけたことは、出版社とって本当に嬉しいことです。

 

今後も新しいコンテストの柱として、

 

 

『読書感想文コンテスト』を開催していく予定です。

 

 

今回ご応募いただいた皆さま、次回もぜひご参加いただき、素敵な感想文がまた届くことを楽しみにしております!

そしてご応募できなかった皆さま、ぜひとも弊社の書籍に興味を持っていただき、コンテストへのご参加をお待ちしております。

 

最後に改めて、コンテストに参加いただいた全ての皆さまに御礼を申し上げます。

 

本当にありがとうございました!!