ジョークで知るモンゴル

戸田 等(著)

発売日:2016年12月28日

カテゴリー:

歴史

ジョーク


日本とモンゴルの歴史上のかかわりをみますと、残念ながら、鎌倉時代の元寇(げんこう)と昭和前期のノモンハン事件の二つしか挙げることができません。 

 どちらも不幸な出会いでありましたが、現在では大相撲で多くのモンゴル出身力士が活躍し、経済や文化などさまざまな方面で交流を深めるなど、良好な関係を築きつつあります。両国の間には週に何便もの旅客機が往復し、片道約五時間で結ばれるという、時間的にも“近い”国になっています。 

 そもそも日本人とモンゴル人は、同じ蒙古斑を持つ仲間でもあります。かたや島国で農耕を営み、かたや大陸国で遊牧を糧(かて)としてきたという違いはありますが、伝統を尊びながらも新たな文物を積極的に自分のものにしようとする気性には相通ずるものがあります。こうした共通点を持つ両国民は、今後、さまざまな形で関係を深めていくであろうことは想像に難くありません。


創造の方程式:ずけずけ言うことも大切です

私は、パンのために弁護士になった

戸田 等(弁護士)

 

2016.05.12


コメント: 24
  • #24

    ゴルゴン (火曜日, 25 9月 2018 16:42)

    声を出して笑ったものから、最初わからなくて解説を読んでやっと理解できたものまで、ジョークと言うのは脳トレに使えますね。この本のテーマはモンゴルです。もっと共産圏の経済のジョークや、文化のジョーク、民族性楽しみ方はいろいろです。きっとモンゴルもジョークもこの本もあなたのお気に入りになるはず。

  • #23

    民ミン (火曜日, 18 9月 2018 17:52)

    民族性ジョークは、インターネットや本でも人気で私も結構読むのですが、モンゴル1本と言う本はもしかしたら日本ではこの本が1番だと思います。解説も詳しく、モンゴルの昔からの文化や、最近の経済発展のことなどそういったものと絡ませて、ジョークからこの国の方がほんとにわかります。

  • #22

    スモー (火曜日, 18 9月 2018 17:51)

    モンゴルについて何か牛とか馬とかテントみたいな住居しかイメージがありませんでした。そんな中で郵便事情や経済なんて身近だけど案外わかりにくい文化のことがジョークのかけてよくわかりました。
    わかりにくいジョークには解説も付いて親切でした。

  • #21

    ゆいあん (火曜日, 18 9月 2018 17:51)

    飛行機で片道五時間でいけるモンゴル。このゆかいなモンゴル人のジョーク集を読むことで、知っているようで知らなかったモンゴルとの距離が一気にぐっと縮まったような気がした。モンゴル人に対する親近感が湧いてきた。

  • #20

    クッキー (火曜日, 18 9月 2018 17:50)

    日常会話を基にしたモンゴリアンジョークがたくさんのっていて、楽しい。読むうちにモンゴルの文化や簡単なモンゴル語を覚えることができるのも魅力的だ。

  • #19

    カンガルー (火曜日, 18 9月 2018 17:50)

    まずタイトルと写真に惹きつけられました。あとからジワジワくるおもしろさ!一見に値するユニークな切り口で描かれた、周りに楽しい雑学として披露したいネタがつまっています。

  • #18

    三郎 (火曜日, 18 9月 2018 17:49)

    変に(絶対に!)誤解してもらっては困るが、どの民族にも独特の体臭がある。アシアナ航空にはニンニク、ユナイテッド航空にはハンバーグ……その国の飛行機(特に国内線)に乗ってみると、それは良くわかる。
     ところが、日航やANAの機内でそのような臭いを感じたことがない。まさに『我が身の臭さ我知らず』の通りなのだ。
     この作品を読んで、私は羊の臭いと匂いを感じた。
     例えば、『名優』というジョーク。
    『貧しい若者は映画を観たかった。だがお金がないので、目が不自由な人のふりをして、映画館の近くで帽子を持って立っていた。すると、一人の男が帽子にお金を入れてくれた。若者はそのお金で映画館に入ったが、なんと、お金をくれた男性が隣に座ったではないか。』
     ここまではチャプリンの映画と変わらない。どこの国にもこういう人達はいるのだ。モンゴルらしさはその結末だ。
    『若者はあわてて言った。
    「私はモスクワ行きのバスに乗りたいのですが、この席で大丈夫でしょうか?」
    若者はその後、役者になったという。』
     これはソ連と蜜月時代のジョークなのか、それとも中露と微妙な距離を保つ現代モンゴルの話なのか(時代の違いで、かなり印象が異なってくる)説明はないが、若者が役者になったというオチは秀逸だ。
     その国を知る方法は様々ある。最も安上がりなのは、チビリチビリ酒でも飲みながら、その国のジョークを味わうことだろう。おまけに、クソ面白くもないとき、クスリと笑わせるジョークは薬よりよく効くのだ。

  • #17

    ルビー (火曜日, 18 9月 2018 17:49)

    モンゴルと聞くと、遊牧民、元寇、有名な童話スーホの白い馬が、まっ先に頭に浮かぶが、モンゴル人がジョーク好きだったとは知らなかった。また、お酒好きな人が多いというのがちょっと意外。本場のジョークを味わいにいってみたいと思った。

  • #16

    ウルフ (火曜日, 18 9月 2018 17:48)

    名前を知っている割に詳しくは知らないモンゴルと言う国をジョークと言う形で詳しく教えてくれるところが斬新な本です。
    とりわけお酒の色については面白く日本人の私にも共感するところがありましたとても面白くてためになる本です

  • #15

    藤野 斉 (金曜日, 24 8月 2018 14:36)

    ほのぼのとして笑顔でずっと読める内容です。
    モンゴル人というと相撲の関取を思い出し、その見た目から、日本人と同じような思考の人達と考えがちになりますが、やはり生活や文化、習慣など様々な違いがあると思います。
    そこで、この本では、モンゴルを知り、理解するのにとても役に立つ内容になっています。
    ジョークというか、話の小ネタで、モンゴルを理解させようとする試みには、アッパレです。
    (出版社さん、他の国もジョークくくりで、出版してください)
    観光ではハードウェア(自然や建物などの見た目)の部分での素晴らしさしか分かりませんか、この本ではソフトウェア(人間の心)の部分での素晴らしさが分かります。
    たいへん面白かったです。
    それにしても、これだけのネタを収集・編集するのは大変なことだったと思いますが、作者の努力には本当に頭が下がります。

  • #14

    ましゅまろ (金曜日, 24 8月 2018 14:35)

    失礼なことですが、モンゴル人は草原で移動式住居に住む遊牧民という地理の授業のまんまな印象を持っていました。もちろん、そんなことはなく、彼らもかなり近代的な生活を送っていることを知り、ジョークを交えて紹介されることで、日本との差異や独特の文化に思わず、クスリとしてしまいました。私の一番の驚きは、モンゴル人は禿げないということです。

  • #13

    さがわ (木曜日, 01 2月 2018 13:12)

    大変面白く読ませて頂きました!読みながら、私の子供の頃を思い出しました。病気になると母が優しくしてくれるので、水虫の薬を塗る父に「お父さんは水虫があっていいなあ」と言っていたり、家具屋で見つけたお気に入りのテーブを持って帰って置いてみたら、部屋がいっぱいになったので仕方なく下をくぐる事になったり、病院で医師に「心配事は何ですか」と聞かれて「将来です」ですと答えたりしていました。これらの出来事をツィートしたら、吉本新喜劇の方からフォローが入ったりしました。日常にこんなユーモアが普通にあるなんてモンゴル人は大らかなんですね。この本の存在を吉本新喜劇の人が知ったらきっと嘆き悲しむと思います。

  • #12

    3代目ざるそば (木曜日, 04 1月 2018 10:50)

    ここ10年ほどのあいだ、関取たちの活躍でモンゴルという国は随分と身近になった。しかし、はたしてモンゴルそのものについて私たちがどれだけ知っているかというと、ほとんど何も知らないと言ってよいのではないか。私自身も、モンゴル料理店は好きだがほかの文化はなにひとつ知らない。ジョークという民族性が最も表れる部分に触れることで、本当の意味でモンゴルに近づけたような気がする。貴重な体験のできる一冊だった。

  • #11

    チキチキバンバン (木曜日, 04 1月 2018 10:36)

    日本人と姿かたちは似ているが、やはり異国のモンゴル。昨今何かと大相撲で話題となっているが、彼らの風習やメンタリティを少しでも知る上で、この著書は役立つのではと選んで読んでみた。だが、ほとんどが日本人の私が読んでも「クスッ、ニヤリ」と共感する落語の小噺のような話が多く「どの国でも人って同じだな、変わらないな」が率直な感想。
     それでも一番気になったのは『長い髪』という話の注釈でモンゴル人の男性には禿げた人がほとんどいないというのは、びっくりした。遺伝的な要因なのだろうか、それとも食べ物や風習の関係か。あとがきの『日本のみなさまへ』で、著者が日本人の細かな配慮の話を述べていたが、モンゴル人は禿げるような人間関係のストレスを溜めないのか。だとしたら、日本の伝統的な相撲界に溶け込もうと奮闘しているモンゴル人力士達は、さぞストレスを感じているだろう。日本人にも、今以上に外国人を理解して受け入れる寛容さが必要なのかもしれないと感じた。

  • #10

    れでぃを (木曜日, 04 1月 2018 09:40)

    クスッと笑えるジョークから、ムゥーと黙らされるジョークまで、誰かに話したくなるものが盛りだくさん。寝る前に毎日少しずつ読んでから寝ると、ハッピーな夢を見られそうです。

  • #9

    北極星 (木曜日, 04 1月 2018 09:34)

    アルヒ(モンゴルの国民的お酒)が飲んでみたくなる笑。ジョークと言うのは、娯楽である一方で欧米ではインテリジェンスにつながると考えられている。ジョークと言う視点で、
    モンゴル文化を切り取るというのは挑戦的である。また読み手としてはとても面白くサクサク読める一方で、よりモンゴルが身近に感じられる、私も恥ずかしい話、ステレオタイプのモンゴルしかしらないと言うことに気づいた。

  • #8

    グリメン (土曜日, 30 12月 2017 14:09)

    この本を読むまで、モンゴル=相撲、ゲル、大自然!というイメージが強かったのですが、「えっ、全然違う!」という衝撃!人々の交わすジョークを通して、モンゴルに住む人のリアルな生活が見える本でした。
    そしてモンゴルの人は、とても純粋で素直。自分に正直なのだという事、それが自分でも知らないうちにお茶目なジョークを生み出しているのだと感じました。
    狙っていない面白さだからただ愛しくて、その情景を想像してはクスッと笑えてしまう。
    きっと誰も傷付かない、平和なユーモアが満載です。

  • #7

    (土曜日, 30 12月 2017 13:41)

    モンゴルというと、恥ずかしながら相撲や砂漠、放牧などしか浮かばない。今の日本では考えられないジョークが、今まさに発展途上にあるモンゴルでは飛び交っていると知り、クスッと笑ってしまう。なんて、こんなことをいっていると、モンゴルの若者に何て言われるかわからないな。言い返せる自信はありませんから

  • #6

    KUMA (土曜日, 30 12月 2017 13:28)

    へぇ~、なるほど!嘘!?ほんとに?
    テンポよくどんどん読める!どんどん学べる!モンゴリアンジョークでした!
    愉快なモンゴル人と是非ともアヒルを"トクトイ"したいものです。

  • #5

    デュワーク (土曜日, 30 12月 2017 13:22)

    この本を読むまでモンゴル人は静かな人たちだと思っていた。しかし、とてもユーモアに溢れる人たちなのだ!電車の中で読んでいて笑いを堪えるのに必死だった。

  • #4

    みっちょ (金曜日, 15 12月 2017 03:43)

    モンゴルの人は、見た目が日本人そっくりだ。と思っていたが、まさかジョークまでよく似てるとは驚きました。お金が気になり、お酒が好きで、奥さん怖いというところなんか得にそう感じました。少しルーズなのに、とてもきちんとしてるとこもある。というバランス感が、ストレスフリーで温和な表情を生み出酢のかもしれません。しかしモンゴルの人には、はげてる人がいないのにははびっくりしました。今、相撲界では、モンゴルの力士たちでごたごたしていますが、もっとお互いを知れば、日本人とモンゴル人の距離は縮まるように思えました。とにかくおもしろい本でした。

  • #3

    カサピ (月曜日, 11 12月 2017 17:18)

    ジョークといえば、我々がよく耳にするのはアメリカンジョークだし、モンゴルのことはどんなとこなのかも想像し難いが、本書を読んでモンゴルは非常に優しいジョークの印象を受けました!クスッと笑えるだけでなく、いい話だなあとモンゴルの人達に会いたくなる一冊です!

  • #2

    すまさ (木曜日, 07 12月 2017 09:20)

    作品は、とても面白く、モンゴルを身近に感じました。モンゴルといえば、モンゴル出身のお相撲さんが多く、最近何かと世間を騒がしています。ぜひ、みなさんに読んでほしいです。

  • #1

    正太 (水曜日, 06 12月 2017 13:22)

    テレビにモンゴルの人々が映るたび、両親がそろって「モンゴルの人だけは、日本人の顔と見分けがつかんねえ」「ほんまじゃねえ」と言い合っていたのを憶えている。似ているのは顔だけではなく、男は酒を飲み、妻は夫をなじる。子どもは小賢しく、親はときにしてやられる。社長はケチで、社員はズル休みをする。──いや、これらはモンゴル人と日本人だけではない、世界中に通じる普遍的な笑いだろう。ただ、同じように社会主義が崩壊して資本主義にシフトしようとしているロシアの「アネクドート」(ロシア流小話)の多くが政治への不満をネタとしていたのに対し、モンゴルのジョークはどこか朴訥としていて微笑ましい。それも今後は変わっていくのかもしれないが、「どんな苦労も笑い飛ばしてしまおう」という姿勢はけっして変わることはないだろう。