広島法廷 長崎法廷: 原爆投下による罪と罰

戸田 等 /著

発売日:2018年12月5日

500円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:



「罪名 人類の平和に対する罪 人道に対する罪 多量殺人傷害」(本文より)

『弁護士物語』『弁護士物語 第二巻』収載の名編を再録——1945年8月6日は広島、8月9日は長崎に原爆が投下された。あの悲劇の責任は誰が背負うべきなのか……作品内で裁判長を務める著者が、架空の法廷で判決を下す!! ベテラン弁護士の豊富な知識と縦横無尽の想像力が作り上げた、過去の悲劇を清算する比類なき法廷劇!!

著書プロフィール


戸田 等(とだ・ひとし)

1932(昭和7)年4月29日生れ

1969(昭和44)年4月7日弁護士登録 番号11384

 

海事補佐人兼務、海難審判・海洋船舶事件、建築関係事件を扱う

世界蒙古斑協会日本支部代表

 

著書

2015(平成27)年『ジョークで知るモンゴル』(新潮社)補訳出版

2016(平成28)年『弁護士物語』(新潮社)出版

2017(平成29)年『弁護士物語 第二巻』(新潮社)出版

 


関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0