ソロモンの知恵

中村 多(著)

発売日:2015年9月9日

カテゴリー:

自己啓発

健康


本書は、ユダヤの王ソロモンによって書かれた格言集「箴言(しんげん)」の中でも、とりわけ私たちが幸せな人生を送るためのヒント13項目を、著者・中村多(なかむら まさる)氏が解説します。

「箴言(しんげん)」とは、旧・新約聖書に記された道徳的な真理を伝えるためのごく短い文章群のことで、今で言うと格言や教訓のことを指します。

―寄るべのない者の叫びに耳を閉じる者は、自分が呼ぶときに答えられない。―

 

(私たちは困っている人たちの必要に応え、その人たちを護らなければならないのです。私たちの誰もが他の人たちから庇護を受けなければならないときが来るかも知れないのです。)(本文より)


創造の方程式:私はただのメッセンジャーです

全ての人に救いの手を差し伸べていきたい

中村 多(特定非営利活動法人 ふよう福祉会 代表)

 

2016.02.13


みなさまの感想・コメントをお待ちしております。


コメント: 55
  • #55

    マユリ (月曜日, 11 12月 2017 17:24)

    「べつに法律にふれないのだけれど、どうも人としての常識はなく、さからうこともできないという人はいるものです。/そしてこんな人は有力者で、お金持ちで、とても対抗できないのでいまいましい思いがする――/目には見えないけれども「主」といわれる義なる神が私たちの心を見ておられるのだという考えかたはどうでしょうか。」という部分に、非常に共感しました。

  • #54

    ふみこ (日曜日, 10 12月 2017 19:09)

    おしゃべりなあの人にこの本を勧めたい。口を閉じて話を聞けば、より多くのことを学べ、自分の成長につながることに気付くだろう。きっと読んでいる間は静かにしてくれるはずだ。

  • #53

    すまさ (金曜日, 08 12月 2017 09:30)

    ソロモンという言葉は、聞いたことがありましたが、ユダヤの王のことなんですね。幸せの人生を送る道しるべみたいなことがわかりました。今年も残り少ないので、幸せになるために頑張りたいです。

  • #52

    Fig (木曜日, 07 12月 2017 22:34)

    私はこの本が大学の教科書になることを強く希望しています。どんな教科書を採用しているような大学や大学院で勉強して国を代表するような立派な人になりたいです。

  • #51

    かなまや (木曜日, 07 12月 2017 18:04)

    私はこの本の作者が近いうちにもしくは10年以内と言うような期間にノーベル文学賞をとってしまうのではないかと感じているような気分ですーー!

  • #50

    たらやまゆ (木曜日, 07 12月 2017 12:24)

    現在の混迷する世界情勢において、文学の果たす役割は大きいと私は考えています。この本はそんなに大に役に立つような気がします!!!

  • #49

    さなゆま (木曜日, 07 12月 2017 09:33)

    もしも私の願いがかなうならば、わたしは、この本の作者と出会いたいです。もし可能ならば、この本は様々な言語で翻訳されて欲しいです。私の夢が叶うことを願いながらこのメールを送信!よろしくお願いします

  • #48

    すはな (木曜日, 07 12月 2017 09:30)

    この本はとてもいい本だと思います。いままで、生きてきた中で、この本は2番目に好きな本です。もしかしたら読み込むうちに来年にはきっと1番好きになっている

  • #47

    にや (木曜日, 07 12月 2017 09:16)

    この本を読んで、わたしは、とても幸せな気持ちになりました。
    ありがとうございます。もうすぐクリスマスですね。メリークリスマスの叫びながらこの本です。エンタメを世界中に伝えたいな

  • #46

    なめ (水曜日, 06 12月 2017 13:46)

    わたしの夢は、大人になった時、国際的に有名な小説家になることです。この本は、わたしの夢を助けてくれます。

  • #45

    やに (水曜日, 06 12月 2017 13:02)

    この本を読んで、わたしはクラスで1番かしこい人間になったと、考えているところです。+1賢い人間にしてもらったのはでおかげだと言っても過言ではないでしょう

  • #44

    なめ (水曜日, 06 12月 2017 12:28)

    わたしの夢は、大人になった時、国際的に有名な小説家になることです。この本は、わたしの夢を助けてくれます。

  • #43

    かまらな (水曜日, 06 12月 2017 12:13)

    もしも、わたしが無人島で暮らすなら、ナイフとマッチとこの本を持って行きます。それだけでとても有意義かつ理想的な生活が送れると私は思っております。

  • #42

    なまれ (水曜日, 06 12月 2017 11:12)

    わたしは、インターネットやソーシャルネットサービスより、この本が何度も何度も天神に読み込む方がより毎日毎日の生活の中で幸せをいくための手助けになると思います。カルチャースクール行ったり外に出るような気がします。

  • #41

    のまな (水曜日, 06 12月 2017 10:57)

    この本は、子供に歴史的なことや文化的なことを教える時に、とても役に立ちます。もちろん間違いなくこれ以上ないと言う位に大人にとっても役立つ

  • #40

    にたま (火曜日, 05 12月 2017 15:35)

    私は熱心に毎日何回も何回も読み返しました。私はこの本に書かれている内容や概念をたくさんの人に教えてあげたいです。

  • #39

    はなか (火曜日, 05 12月 2017 13:34)

    私にとってこの本を読む事はとても難しかったです。私の知らない文化が世界にはたくさんあるのだとわかりました。

  • #38

    せちかま (木曜日, 30 11月 2017 14:36)

    ソロモン王スゲェーなー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*こんなにも凄いとはね!!!!!
    子供に買って読ませたいなぁあと母親の私も思っちゃいました!よんだらかしこい頭になれましたよ!

  • #37

    とそ (水曜日, 29 11月 2017 20:51)

    ときにはためになる本ハードな本そういったものが読みたくなって、この本を読んでみました...。
    面白いし、かっこいいし大人になれた気がします(*^◯^*)

  • #36

    るま (火曜日, 28 11月 2017 17:40)

    最近では、「君たちはどう生きるか」と言う本が人気だそうですが。
    私はむしろ、「君たちはどう生きるか」よりも魅力的かつ実用的だと言う印象を受けてしまいました。ベストセラー=了承実用的と言うわけでは無いようですね。

  • #35

    はさなた (火曜日, 28 11月 2017)

    ブラックフライデーの記念に購入しました。本当にコストパフォーマンスの良い質のもの量も申し分ないような出来に感激しました。こんな作品もあるのですね。

  • #34

    はもにか (火曜日, 28 11月 2017 16:04)

    初めて「世界の終りとハードボイルドワンダーランド/村上春樹著作」読んだ学生時代を思い出すような衝撃作でした。新しい読書の扉が開けたような気がします。

  • #33

    とん (火曜日, 28 11月 2017 12:16)

    この本は何回も何回も読み込んでしまった本です。何回も何回も感想言いたいような気分です。できるだけ多くの人に伝えたいという思いでいっぱいです。使命感すら感じます。

  • #32

    りんの (火曜日, 28 11月 2017 10:13)

    本屋でこういった類の本を買いに行ったことがあります。インターネットの本屋でネットブックを買うと言うのもたまにはいいものですね。手軽に買えるし手軽に読めるところに魅力を感じました。買うならオススメ本!

  • #31

    らや (月曜日, 27 11月 2017 17:40)

    この本はいいところついてきたような気がします。少なくとも私はそう感じているところです。まるで心の隙間埋めてくれるような、そんな感じのするような本です。新しい。

  • #30

    かかか (月曜日, 27 11月 2017 17:03)

    こういった作品を読むのも、たまにはいいものですね。読書の秋に読みましたが、読書の秋にふさわしいと言えるような本です。もちろん冬にも忙しいと思いますが、そういった時にこそ読む本だと思いますよ。ほんとうにそう

  • #29

    むかこ (月曜日, 27 11月 2017)

    人から勧められた本だった。本は得意じゃないけど・・・とおもってしまっていたんだけど、これは全然得意ジャンルな方のやつでしたよ!
    わたしたちのような若いヤングジェネレーションせだいにも読めますよ

  • #28

    うぐ (日曜日, 26 11月 2017 09:49)

    まあまあかなあーーー、そうでもないのかなアーーー。と読み始めは思ってたが!ぐいぐいぐいと引き込まれていく中盤からは一気にみりょくUP!
    とにかく読んで欲しい作品

  • #27

    こち (日曜日, 26 11月 2017 09:48)

    フォーマルな場でも、インフォーマルな場でも、オフィシャルなときもオフィシャルじゃないときも役に立つはず
    つかいこなす本といえます!!!!!多少読み応えありですが、オススメにしていきたいですね。

  • #26

    すご (日曜日, 26 11月 2017 09:44)

    とりあえず読め、むしろ二回読め、繰り返し繰り返し読むことで、思う存分楽しめるはずだよ!!!!!
    あなたの魅力ひきだすヒントだらけ!!!!!見逃したら後悔しちゃうかもしれないよーーー(((o(*゚▽゚*)o)))

  • #25

    めす (土曜日, 25 11月 2017 12:36)

    これはなかなか、コストパフォーマンスの良い本ですよーーー!
    ありがたい気持ちになっちゃいます!!!!!
    とくに、2章にに書いてある内容は最高だといえるんではないでしょうか。

  • #24

    きゅーり (金曜日, 24 11月 2017 15:15)

    普段なかなかとっつきにくい内容である旧約聖書をこんなにもわかりやすく現代にも通ずるような形で書籍化したこの作者に感謝です。こういう本を待っていました今まで。

  • #23

    くす (金曜日, 24 11月 2017 01:27)

    ソロモン王と言うニッチすぎる分野の自己啓発本。というかハウトゥー本なかなかの実践形式で読み応えあり。部下に読ませたいと考えています。なかなかの名著だと思います。

  • #22

    かおりん (木曜日, 23 11月 2017 22:43)

    ユダヤ民族と日本人はその昔、同じ先祖だった…という事を聞いた。「ソロモンの知恵」は日本人的な教えのような気がしてならない。くちびる一つで多くの人を苦しめ、また養うのこともできる。この言葉は今の政治家の方々に贈りたくなる。

  • #21

    もわわさん (木曜日, 23 11月 2017 22:08)

    二八章一三節を読んだとき、私は人間は失敗を認めたくないものだなと共感しました。私も失敗を認めることがすんなり出来るわけではありません。だけど失敗を認めることが成功へと繋がっていくことが分かって、正直になろう。プライドを持ちすぎてはいけないなと思いました

  • #20

    ベル (火曜日, 14 11月 2017 23:24)

    現代では様々な問題が起きていますが、人間関係の問題というものは昔からあまり変わっていないものなのですね。

  • #19

    かおりん (火曜日, 14 11月 2017 00:45)

    ごく基本的でシンプルな言葉で語られる人生訓は、素直に心に入る。しかし、この誰でもわかっている基本中の基本が自分はできているだろうか。自問自答しながら読み進めた。

  • #18

    春之助 (日曜日, 12 11月 2017 16:43)

    文章に統一感がなく、内容が分かりにくかったです。ひとつひとつの箴言に作者がどう感じたのか、読者に何を感じ取って欲しいのかという部分が分かりません。
    それなのにどこか「押し売り感」もあって、不思議な本だと思いました。

  • #17

    大樹 (日曜日, 05 11月 2017 22:54)

    「ソロモンの知恵」は、ユダヤ民族の生きる方法を言葉にまとめ、後世に伝えたもののことを話にしたものである。今日でも読んで、とても参考になる内容である。

  • #16

    オカサミ (月曜日, 30 10月 2017 21:19)

    先人たちの格言というものは、意味があるので今でも残り伝わる。つまり上質な知識の結晶と言えるだろう。様々な先人たちの格言がある中、ソロモンの格言というものを初めて触れる機会となったが、私の中に有益な知識として取り込まれた。一気に読むのではなく、ゆっくりお茶を飲みながら読み進めるのがおすすめです。

  • #15

    カモノハシ (月曜日, 23 10月 2017 20:24)

    悪いくちびるを拒む。
    表現・言論の自由などを盾に、また顔が見えないのをいいことに、現代社会、主にネット社会では醜い言葉や感情が行き交っている。
    穏やかな舌を、穏やかな心を。
    ソロモンの箴言が正鵠を射た。

  • #14

    ジョニーの母 (日曜日, 22 10月 2017 18:37)

    箴言の書は旧約聖書の中にありユダヤで最も賢いと言われたソロモン王の著であり、内容は格言、ことわざなど日常的に役立つことが書かれてある。これは信仰を持って読むことでさらに価値を見出すことが出来る。この書を読むときは謙遜と謙虚の心がなければ無意味な物となってしまうだろう。それが信仰の初めでもある。
    本書は印刷ミスにより聖句の漢字とひらがなが重複してしまっており聖書と照らし合わせなければきちんと読めないのが残念である。

  • #13

    もけ (日曜日, 22 10月 2017 16:59)

    このような作品をありがとうございます。こんな本を待っていた。すごい!名作中の名作といえます!!!!!じっくり読んでもいいし、人へのオススメにぴったりです。

  • #12

    むた (日曜日, 22 10月 2017 16:52)

    すごくすごく、いい作品!!!!!自分で買って、じっくり読んでもいいし、人にもオススメできます。こんなに、コストパフォーマンスが良い作品なかなかないです。ありがとうございます。

  • #11

    つくも (金曜日, 20 10月 2017 00:52)

    この本は、現代を生きる私たちにとってのバイブルであり親友です。どうしようもないとき、ぜひページをめくってください。私は、読んであしたへの元気がでました!

  • #10

    さな (木曜日, 19 10月 2017 16:02)

    素晴らしい本です!!!親戚や友達にも勧めたいです!!!!!
    恥ずかしながら、こういったジャンルの本は初体験。詳しくわかって良かった。知ったかぶりはいけないとあらためて気づかせてくれました。

  • #9

    とうきび (木曜日, 19 10月 2017 12:59)

    本当の一流でしか出せないような、圧倒的な知識と瑞々しい感覚のある愛おしくあたたかみのある作品。気高く気品に満ち溢れていました。
    教科書では分からない本物分かる書籍。

  • #8

    (木曜日, 19 10月 2017 11:06)

    こんな作品欲しかった。出会えて感謝感謝!!この本は、現代を生きる私たちに必読の書です。ぜひページをめくってください。新しい世界はもう、目の前に広がりせまってるはずです。勉強、人生勉強、ビジネススキルupにもなりました。

  • #7

    あら煮 (水曜日, 18 10月 2017 13:45)

    こんばん、よろしくお願いします!!ぼくは、本を読むことにも今までまったくきょうみもない、最近の若者で現代っ子だけれども・・・。本を読んで、この作者のファンになりました。
    皆も成功したいなら買うべし。

  • #6

    バビロニア (水曜日, 18 10月 2017 13:28)

    わたしは、ソロモン王についてあまり知らなかったですが、この本を読んでみて、とても箴言が好きになりました・・・。本を読んで、ビジネスセンスが磨かれた気がします。