六ヵ月の命を宣告され、二年七ヵ月後に死んだ妻と私のガン闘病記。

花は散らない: 末期ガンの妻とともに

小椋 康成/著

発売日:2018年4月27日

700円(税込)

装幀

カバー/大知

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:ライフ



これは昭和六十三年五月に六ヵ月の命を宣告され、二年七ヵ月後に死んだ妻裕子(ひろこ)と私のガン闘病記である。妻は四十六年の生涯を精一杯生きて、仏のもとへ帰った。

今や二人に一人がガンで亡くなる時代である。食生活の欧米化や環境汚染などが原因で、身内にガンを患った人がいない家系でも、ガンになる人が増えてきた。天寿を全うして死ぬ人のほとんどがガン死であると、ある医師も言っている。いつ自分にふりかかるかわからない災難である。

私は妻がいかにやさしい心を持った人間であったかを、また、いかに勇気を持って死を迎えたかを、私の子どもたちと妻を愛した友人たちに知ってもらいたいと思った。私はまた、この本を出すことは悲しみを和らげる一助になるかもしれないとも思った。しかし、悲しみは時間の経過とともに、少し軽くはなったが、心の深いところまで染みこんでくるようになった。この先どうなるかわからない。ただ自然に身をゆだねて、静かに死を迎える心を持って生を終えるより仕方がないと考えている。

肉親にガン患者を持っている人、連れ合いや子どもをガンで失った人の苦しみや悲嘆は、健康で幸せな家庭生活を送っている人の想像をはるかに超える。私はこの本を、特にガンで愛する人を失った人に読んでもらいたい。少しでも私と連帯して、心の痛みが軽くなるように……。

著書プロフィール


小椋 康成(おぐら やすなり)

 

9401年、神奈川県秦野市に生まれる。

上智大学卒業。


関連商品



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0