著者が三十数年間の児童相談所や乳幼児健診、スクールカウンセラー、医療機関などで出会ったいろんな人たちとの関わりを綴った一冊。

あっ、そうか!

気づきの子育てQ&A : 総合版

安部 利一/著

発売日:2018年5月22日

800円(税込)

装幀

カバー/川口要

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:ライフ



ー本文よりー

私はスクールカウンセラーとして学校を訪れています。相談室で出会う子どもたちの多くが、対人関係や勉強、あるいは家族関係などの辛い思いを口にしますが、その背には、親の期待や社会的基準の重い荷の存在を感じます。

親も子どもも、真面目でいい親、いい子でありたいと思いながら、思うようにいかない焦りや不全感を抱く人たちの広がりを感じます。

近年、各自治体に公的あるいは民間で「子育て支援」や「青少年の居場所」の機関が設けられたり、電話相談の機関もあり、その気で探せば何らかの救いを得られそうですが、親はそのことに気づかないか、わかっても生活に追われて、子どものことは二の次になります。

私の住む益田市に民間団体「レディスますだ」発行の月刊誌「Nice to Meet You」があり、その中の「子育てQ&A」を手伝うようになって十五年が経ちました。

私は、三十数年間の児童相談所や乳幼児健診、スクールカウンセラー、医療機関などで出会ったいろんな人たちとの関わりで成長させてもらった思いを強く抱きますが、この貴重な体験を少しでも社会に還元したい思いで執筆してきました。掲載事例はプライバシーを配慮してアレンジし、百数十になりますが、この度、その約半数を選んで一冊の本にまとめました。

支援内容は、できるだけ具体的ですぐできそうなことを心がけて記述しましたが、読んでいただければわかりますように、普段見たり聞いたり、何気なく自ら経験していることが多いことに気づかれると思います。

日常忙しく動いていると、そのことにすら気づかないのです。この本が少しでも子育てのお役に立てば幸いです。

著書プロフィール


安部 利一(あべ・りいち)

 

1939年、島根県仁多郡奥出雲町横田にて出生

1961年、島根大学教育学部卒業。島根県立保育専門学院助手

1963年、島根県出雲児童相談所勤務

以降県内各児童相談所に勤務、1999年、退職

現在、島根県教育委員会嘱託スクールカウンセラー

医療法人「松ヶ丘病院」非常勤

「おちハートクリニック」非常勤

「島根県立石見高等看護学院」非常勤講師

臨床心理士、日本臨床心理士会所属


関連商品



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0