これは、11社から出版されている看護学テキストブックをもとに執筆をした研究書でもある。

ナイチンゲールとマズロー:

看護における二人の位置付け

広野 照海/著

発売日:2018年2月14日

500円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/戦う天使


発行形態:電子書籍

ジャンル:ライフ



どんなに危険な手術の時にも、超人的に落ち着きはらった。

 

彼女の態度は患者を勇気づけ、我慢させ、希望を抱かせるのであった。彼女のやさしい言葉は死ぬ前の苦痛をやわらげ、死にかけた人に忘れられていた生の魅力を思い出させた。もう治る可能性はないと医者が見放した患者たちを、彼女の疲れを知らぬ努力が救った。

著書プロフィール


広野 照海(ひろの てるみ)

 

大正14年 岩手県に生まれる。

太平洋戦争中軍属として東南アジアに従軍。

戦後は看護助手として精神科病院に勤務。

昭和37年 岩手高等看護学院卒業。

昭和38年より国立療養所多磨全生園に勤務。

昭和61年 3月定年退職。

平成7年10月より看護論研究会を主宰。

平成18年 放送大学卒業。

 

日本看護協会会員

東京都看護協会名誉会員

日本文芸家協会会員

日本精神科看護協会会員

 

著書

『看護のこころ』(短歌新聞社)

『看護論への歩み』(ゆみる出版)

『看護のめぐりあい』(けやき出版)

『ナイチンゲールとマズロー』(さんこう社)

『広野照海作品集(小説)』(近代文藝社)



創造の方程式:看護の職人

温かな眼差しからくる共同精神

広野 照海(作家 / 看護師)

 

2017.05.22


関連書籍


感想を送る


この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

コメント: 0

新刊お知らせメール