革命家「孫文」を支援した、犬養毅、宮崎滔天、日野熊蔵、黄興、刀安仁、宋教仁、知られざる破天荒な人生を描く長編小説。

黎明の炎 :

毛呂山の志士剣禅・小室友次郎

金井 未来男/著

発売日:2018年4月15日

1,000円(税込)

装幀

カバー/文綾文鳥

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学



『大陸浪人と呼ばれた男たちがいたー」

革命家「孫文」を支援した、犬養毅、宮崎滔天、日野熊蔵、黄興、刀安仁、宋教仁、そのなかに自身で考案した「小室式拳銃」を供給し、現地にも赴いた男がいた。その名を「小室友次郎」。埼玉県毛呂山町(当時の武州川角村)出身の、知られざる破天荒な人生を描く長編小説。

著書プロフィール


金井未来男 (かない・みきお)

 

1931年、東京生まれ。

埼玉文芸家集団会員。

著書に長編小説『みつ』、短編小説集『バイ・バイ・ジョン』。


関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0