ブッダの闘い

黒坂 和雄(著)

発売日:2015年11月27日

職場で、地域社会で、あるいは家庭で、人は辱められ、誇りを傷付けられて苦しむ。そういった中で心の安らぎを得たいと願う者の中には、宗教に救いを求めることもある。

『スッタニパータ』の中では、発展する以前の簡単素朴な、最初期の仏教が示されている。

ブッダは単純で素直な形で、人としての歩む道を説いたのである。

しかし現代の仏教では、ブッダの教えとはかけ離れた方向へ進んでしまった。

ブッダの真の教えとは何か?そして、悟りを開いた後も闘い続けたというブッダ。

そのブッダの闘いを知ることこそ、自らの苦しみから自由になる唯一の方法だと考えた中田は、真実の道を目指して歩み始めた。

 

カテゴリー:

宗教

歴史

評論