名作映画には「生きるヒント」がいっぱい!

坂和 章平/著

発売日:2018年8月7日

700円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:映画



ー本文よりー

本書は、私がここ数年の間に観た洋画、邦画、中国・韓国映画などから名作映画「50本」を厳選し、「困難に立ち向かう勇気を与えてほしいとき」「仕事がうまくいかなくてイラつくとき」「生きていくのが嫌になったとき」など、現代人が最も関心のありそうなテーマ「50」ごとに一つの作品を取り上げ、「あらすじ」と「ここに注目」を紹介、最後に、生きるための指針となればと願って、「生きるヒント」を示してみた。

名作映画は、観ている人たちに、勇気と希望、自信と信念、など、なんらかの示唆を与えてくれるものである。

私も、61歳の今日まで、映画から多くのことを学んできた。それは、生きていく上でも、仕事をしていく上でも、大いに役立っている。

この名作映画「50本」から、みなさんが自分の置かれた状況を打破し、希望の灯りをぜひ見つけてほしい。

著書プロフィール


坂和 章平(さかわ・しょうへい)

1949(昭和24)年1月 愛媛県松山市に生まれる

1971(昭和46)年3月 大阪大学法学部卒業

1972(昭和47)年4月 司法修習生(26期)

1974(昭和49)年4月 弁護士登録(大阪弁護士会)

1979(昭和54)年7月 坂和章平法律事務所開設

(後 坂和総合法律事務所に改称)現在に至る

2001(平成13)年より映画評論家としても活躍中

2001(平成13)年5月 日本都市計画学会「石川賞」、日本不動産学会「実務著作賞」受賞。

【著書】

『実況中継まちづくりの法と政策1~4』

『名作映画から学ぶ裁判員制度」はじめ、多数。


関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0