「杉本 完治 」氏の記事が、静岡新聞に掲載されました。



22世紀アート出版書籍紹介

Amazonにて絶賛発売中

THE DANCING GIRL: 英訳「舞姫」

杉本 完治/著

発売日:2019/7/10

1,000円(税込)

発行形態:Kindle版



「Ah, the good friend like Aizawa Kenkichi will seldom exsist, but I have hated him a little in my heart until today./ ああ、相沢謙吉のような良い友人はめったに存在しないだろう。しかし私の頭の中に、ごくわずかの彼を憎む心が今日まで残っている。」(本書より)

森鴎外の処女小説『舞姫』。それがいま、原文(鴎外)・現代語訳(研究者)・英訳(高校生)という新たなかたちで、よみがえる——英語圏の方はもちろんのこと、英文学や国文学を学んでいる方や森鴎外ファンにもおすすめしたい一冊。


セピア色の明治: 「舞姫」に垣間見る明治の実相

杉本 完治/著

発売日:2019/7/10

 1,000円(税込)

発行形態:Kindle版



「『舞姫』理解の基本は、実は『明治』の理解にあるといってよい。『舞姫』をはじめとする鷗外の小説には、さまざまなところにさまざまな『明治』が描かれている。明治探索の材料をいま『舞姫』に設定し、関連のエピソードを書いた」(まえがきより)

近代日本文学の曙を告げた『舞姫』はいかにして書かれたのか。森鷗外にまつわるエピソードとともに、彼が生きた明治時代の暮らしや世情から、作品を徹底的に考察する。

鷗外ファンはもちろん、近代日本文学の愛読者、明治時代に興味がある人など幅広い読者におすすめしたい一冊。