朱色の朝

今村 有成/著

発売日:2018年7月26日

500円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:エッセイ



ー本文よりー

現代社会は複雑にからんだ組織社会である。一人の青年は、まず、どこかの職場に勤務している。彼を政党の一員としよう。彼が家庭を持つことは、一人の女との新たな組織に自分を売ることである。

三重の鎖に縛られる。組織はそれぞれ自己目的を完遂するために、青年を自分の方へ向けさせようとして拮抗する。

その目に見えない力に動かされて登場人物達は、それぞれ自分のみが正しいと錯覚し、行動する。

当然、火花が散る。老いたる者達は自分等が築いてきた物、つまり常識が唯一の価値と信じ、若者は自分等がきり開くであろう前途、つまり革命が唯一の価値だと信じる。

著書プロフィール


今村 有成(いまむら・ゆうせい)

 

昭和16年1月6日佐賀県鳥栖市に生まる

昭和34年佐賀県鳥栖高校卒業

昭和39年 九州大学林学科卒業

昭和39年より熊本県庁

現在『詩と真実』『いもご』同人

昭和49年小説『焔の山脈』五月書房より出版

 


関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0