「学びの共同体」をめざして: 授業を中心とした学校づくりへの挑戦

(著) 岩本泰則

Amazon

作品詳細

「授業を中軸にした学校づくり」を目指し、学校改革に挑んだ一教育者の3年間の実践記録!!
本書は佐藤学氏と佐藤雅彰氏の「学びの共同体としての学校づくり」の理論と実践に魅せられた著者が、教職最後の3年間に行った学校改革の挑戦の記録である。校長の視点から、学校改革のビジョン実現のための過程や、その時々の校長の思いを時系列に沿って書き記した一冊。
学校づくりのメソッドが、ここに——教師必携の書!!

【著者プロフィール】
岩本 泰則(いわもと・やすのり)

1947年生まれ。茨城大学教育学部卒業。茨城県内公立小中学校勤務。茨城県県南教育事務所・管理主事・学校教育課長等を歴任。2005年石岡市立柿岡中学校長着任、東京大学大学院教授・佐藤学先生、元岳陽中学校長・佐藤雅彰先生のサポートを受けながら「学びの共同体としての学校づくり」に取り組む。
現在、つくば国際短期大学准教授、茨城学びの会代表、学びの共同体研究会会員、石岡市教育委員

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品