「芸術小説」美の物語【改元記念作】

(著) 藤井善三郎

Amazon

作品詳細

「平成三十一年四月一日、令和の元号の発表があり、しばらくして思いがわいてきた。平成~令和に改まるにあたり、何か記念になり、想い出になる芸術小説を執筆したいと思った。そこで頭に思い浮かんだ主人公が、元号を名前にとり入れた平賀令花と成松和人の二人であった。(中略)主人公は、平成最後で久々の南座での都をどり〈御代始歌舞伎彩〉や、〈平成代名残絵巻〉などの歌舞伎を観賞し、新しい御代に向かって、さらなる研鑽を積み、二人の心のつながりは強くなり、ハッピーエンドを迎えるラブストーリーでもある。お読みいただく方々が、若き日になつかしく想いを馳せられれば、うれしく思う。」(本書「出版にあたって」より)

【著者プロフィール】
藤井 善三郎(ふじい・ぜんざぶろう)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品