あぜ道の詩

(著) 原田和

Amazon

作品詳細

千両の山を拓けば玉の汗滴るあたり肥りゆくかも——「米や野菜、みかん、牛の生産、農村の祭りごとに、幼き頃の暮らしを重ね、草花や鳥の囀りなど、自然と偶然との出会いを大事に、何か生きざまを残したいと日記風に続けてきたように思います。」(本書「あとがき」より)長年、農業に携わってきた著者による、「自然愛」を詠った秀逸な歌集——「物の真価」を見極めた者が有する確かな言葉の重み。その重みは茶の渋みの如く、心を正す。

【著者プロフィール】
原田 和(はらだ・かず)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品