あなたがまだ知らない漢字の話

(著) 小山光一

Amazon

作品詳細

漢字の世界へようこそ。

「漢字の数は五万とも、八万とも言われています。そのうち、日常使われるものは三千ばかり。本書では、普段使われている文字について、漢字にまつわるさまざまなことどもを書かせていただきました。小難しい文字は避けて、身近な漢字・楽しい話題を多く採ったつもりです」(はじめに)

・豚 … 実は大人しくきれい好き
・苺 … 食べているのは、実ではなく茎の部分
・空 … 男? 女? 「□心と秋の空」

115個の漢字にまつわるエピソードを紹介するエッセイ集。ひとつの漢字から、言葉の由来、日本の歴史や文化まで、知らなかった世界が広がっていく。
大人から子供まで楽しめる「漢字本」。夏休みの読書感想文にもおすすめの一冊。

【著者プロフィール】
小山 光一(こやま・こういち)
1934(昭和9)年、東京・八王子郊外恩方村生まれ。
都立国立高校、國學院大學文学部卒業。
元千葉県公立・私立高校教員、朝日カルチャーセンター講師、
房総文芸選集(20巻)編集委員。
現在、埼玉県在住。
日本ペンクラブ会員。

【既刊書】
『漢字な~るほど話』(東銀座出版社 1996年刊)
『漢字の遊歩道』(沖積舎 2003年刊)
『身近な漢字を楽しむ』(文芸社 2008年刊)
『濫蝶(らんちょう)連想辞展』(三恵社 2003年刊)
『卓話の泉』(官帯出版社 2018年刊)
【共編著】
『カラーワイド・新国語要覧』(大修館書店 1992年刊)
『社会人のための国語百科』(大修館書店 2004年刊)
【編集】
『房総歌人集Ⅰ』(房総文芸選集・東銀座出版社 1994年刊)
『東京湾岸地区集Ⅰ』(房総文芸選集・東銀座出版社 1995年刊)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品