いっちまえどこまでも!!:北極圏から砂漠まで 家族奮闘の旅【電子書籍版】

(著) 井深茂男

Amazon

作品詳細

[商品について]
―床屋を1カ月休業して実現させた家族旅、そこで出会うものとは―
冷戦下のソビエトを通ってフィンランドからポルトガルまで、理容の勉強をしながら歩いた忘れえぬ2カ月にわたるヒッチハイクの旅。あれから30年、今度は結婚以来の懸案であった新婚旅行を兼ねた、家族総出の大旅行が始まる。期間は1カ月、総費用270万円、かつて旅の途中でお世話になった懐かしい人々に再会し、灼熱の砂漠に出会う旅は、長女の住むパリからフィンランド、そしてモロッコへ。素晴らしい景色に感動し、酒場で踊り、満天の星に言葉を失い、喧嘩し助け合いながら、ハードで充実した旅は続く。
隊長・私、副隊長・妻、通訳・長女、会計・二女、留守番・ネコのキーちゃんの編成で送る井深流ドタバタ家族旅、いざ出発進行!

[目次]
はじめに
序 パリ。家族集結。出発進行!
1 北欧をゆく。三十年目感動の再会
2 真っ赤な大地、モロッコ
3 南欧ノンプランツアーの始まり
4 マッターホルンが見えた!
5 パリ遊々
6 マドリード。ローラさん訪問
7 テロ事件と世界とパリの人びと
8 厳戒のなかのフィナーレ
あとがき
著者プロフィール

[出版社からのコメント]
危険と隣り合わせであったかつての旅は、同時に予測不能な出来事と驚きに満ちた冒険と探究の道程であったのかも知れません。本書の旅の中には、そうした原初の旅にも似た色合いと、今を生きる人々のエネルギーが詰まっています。旅に出たくてウズウズしている方も、巣ごもりに飽き飽きしている方も、ぜひ手に取って楽しんでいただければ嬉しく思います。

【著者プロフィール】
井深茂男とその家族(いぶかしげおとそのかぞく)

1941(昭和16)年 埼玉県秩父郡長瀞町に生れる。
1960(昭和35)年 理容学校卒業後、秩父、熊谷、浦和で修業。
1963(昭和38)年 理容店開業。
1969(昭和44)年 結婚。茂男28歳、吉子23歳。第14回関東甲信越理容技術競技大会埼玉県代表で出場、第3位入賞。
この年より埼玉県美術展(県展)に写真 工芸彫塑。7年連続入選(石像、ブロンズ像作品、東京の寺院 アメリカアンチオック市へ)。
1971(昭和46)年 ヨーロッパひとり旅(理容の勉強しながら14か国ヒッチハイク)。長女 麗奈誕生。
1976(昭和51)年 二女 奈幹誕生。
現在、秩父観光協会役員(広報担当)。

〈既刊〉『私のヨーロッパひとりたび』(1981年)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品