くらっちゃった旅路どをりの頌 第九巻

(著) 塚本容山

Amazon

作品詳細

世界経済の発祥、原典では東西・西アラブ地域の金本位制、地金より金融政策がイスラム宗教家たちとの間に金融グループ化としていた組合事業への拡大、中央大銀行への金融戦略(攻め難く守りよし)といった経済源流があった。
また一方では経済原理にみる(物おしみ、節約)生産需給情報との消費価値とにむすびついた発端・金本体制・物流からの流通経済化、市場化していったころのこれ等の唯物論下、独自の特殊素材(人工技術、労働、雇用、需給との資本との各階級と機能化)各地域市場化、国家間での分配効率にいたるとりわけて、これらの流通市場「情報の機能化、階級物材へと露呈していった時・空間」の拡大化があったことは否めない。
近代流通市場化してきた信用取引制度下なる信用取引制度化の現物主義など、心理面では物質と精神とは交互に、そのレベルシートでの「相互格差」錯綜バランスの比重、その(満足・不満足)とである。
したがって物質と精神面での一定の格差レベルの維持経済力にみる小レベルと、その中問項〜大・中・小位、この格差が甚々しいほど、取引売買の強弱の貧富が激しくなる。
現代でもみられる国際市場、イギリス一国小地域の領土経済と、拡大したヨーロッパ領土市場との同一化は(イギリスとの同一化格差市場)とは、同一化しない反発のナンセンスといえよう。
しかるにヨーロッパ証券株式市場と導入する日本のドル・ユーロ・ナスダック・ポンド等々との需給格差、根幹が見失なはれぬか!
紙幣の情報市場経営(経済制度化)にわが日本の国際バンクバランスでの(国債・地方債・銀行法人債・一般株での(社債は会社倒産以前全額弁財となる。一方の一般会社の株券は倒れ大金額の幾パーセントテージ率)で相殺されているだろう。)

著者プロフィール
大阪生まれ。運命鑑定学 名誉博士号を持ち、一般の方から財閥などの著名人まで幅広く数十万人の人々を鑑定してきた人気鑑定士。

著作歴
・株式価格変動原理実践
・四柱推命真訳
・聖者のことば
・現代社会にみる仏・法・僧
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜1
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜2
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜3
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜4
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜5
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜補巻5
・くらっちゃった旅路どをりの詩〜補巻6

・西暦一九九五年一月十七日午前五時
 日本中部兵庫県(淡路)大震災大震災直後の各都市救済に駈けた一青年の手記
・現代社会に考へる「ひと」の自然発想・原点の外面と内面原理からグローバル
 世界への大和日本の心 第一分冊
 世界への大和日本の心 第二分冊
・くらっちゃった旅路どをりの頌 第七巻
・くらっちゃった旅路どをりの頌 第八巻

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報