ごらん、幼児のこの

(著) 青木敬和

Amazon

作品詳細

ママ : 園長先生、ウチの子は幼稚園に入って、きかなくなり、悪くなりました。それまでは、とっても素直なよい子で、わたしの言うことには何でも従ってくれていたのに……。
園長 : おめでとう! あなたのお子さんは順調に大きくなっています。良い子だからきかなくなってきているんです。

いたずらをする、ガラクタを拾ってくる、汚いことばを使いたがる――それにはすべて理由があった!
こどもがありのままでいられる幼稚園をつくるために、45年間こどもと向き合い、奮闘してきた「ぶうぶう園長」。こどもの言動や気持ちを代弁し、彼らにどう寄り添えばいいのか、悩めるパパママや保育士たちへ暖かいエールを送る。

こどもの気持ちを抑えつけない。めいっぱい遊ばせる。忍耐強く見守る。いつも味方でいる――。
「ゆっくり子育て」で、こどもは必ず、やさしく強く成長する。

【著者プロフィール】
青木 敬和(あおき・よしかず)
1930年 高知県に生まれる。
1948年 高知大学文理学部を経て、
1955年 同志社大学大学院神学研究科卒業。
現在  日本基督教団鹿島教会牧師。
    鹿島幼稚園園長。

著書
「遊び・笑い・人生」 (教文館)
「十字架と復活」 (教団出版部)
「信徒のための神学A、B、C」 (教団出版部)
「こども自身に生きさせよ」 (ふたば文庫)

共著
「現代における救い」 (教団出版局)
「教会青年会づくり」 (教団出版局)
「この人のために」 (さんよう出版)
「イエスは主なり」 (創文社)
鹿島幼稚園ホームページ http://www.sopia.or.jp/ksmkindg/

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報