しあわせを感じるこころを育てよう

(著) 林覚乗

Amazon

作品詳細

「しあわせは遠くにあるものではありません。しあわせはあなたのすぐそばにあるものです。(中略)私たちに欠けているものは、そうした身近なしあわせを感じ、喜ぶ心です」(まえがきより)
やさしい心をほんの少し持つだけで、しあわせがやってくる……福岡のお寺の住職として「しあわせを感じる喜び」を多くの人に伝えてきた作者の、心あたたまる法話集。

本書を読めば、日々を幸福に過ごすためのヒントがきっと見つかる。

【著者プロフィール】
林 覚乗(はやし・かくじょう)

南蔵院第二十三世住職
昭和28年4月24日   福岡県粕屋郡篠栗町(ささぐりまち)生まれ
昭和51年       高野山大学密教科卒業
昭和51年~54年    高野山真言宗ハワイホノルル別院駐在開教師
昭和55年       南蔵院住職就任
平成7年4月     戦後50年記念の東映映画
「きけ、わだつみの声」に出演
6月     福岡ユニバーシアード協賛ジャンボ宝くじで1等・前後賞合わせて1億3000万円に当選。
またその10日後にはナンバーくじで560万円を射止める。
5月に完成したばかりの釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)のご利益とマスコミで話題になる。
現 在        福岡いのちの電話顧問
福岡刑務所篤志面接委員

著作 「自分が好きですか」(エッセイ集・西日本新聞社発行)
   「心ゆたかに生きる」(エッセイ集・西日本新聞社発行)
講演録        「心ゆたかに生きる」(60分)
「であい」(60分)
「おかげさま(70分)
「同行二人」(70分)
「共に育つ」(70分)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品