ふるさとの宝 : 風・色・匂い : 想い出の詩画集

(著) 荒尾遜

Amazon

作品詳細

[商品について]
―土と、風のにおいがよみがえる―
年齢を重ねるほど鮮明によみがえる懐かしき故郷の情景。
それはいつまでも消えることのない心の原風景である。
本書は、定年後に中島潔の絵に出会い、自らの故郷の記憶を重ね合わせた著者が、遠き故郷の思い出を詩画にして、誰の心の片隅にもある故郷の良さ、懐かしさを少しでも残したいとの願いのもとに生まれた作品集である。

[目次]
ごあいさつ
前 編
森の向こう(模写)
里の秋(模写)
春の風(模写)
もみじ道(模写)
海の町(模写)
竹馬(模写)
花畑(模写)
あらよっと!(模写)
待ちぼうけ(模写)
妹(模写)
谷の架け橋(模写)
彼方の鳥(模写)
冬近し(模写)
ひと休み(模写)
お地蔵さん(模写)
実りの秋(模写)
山の向こうに(模写)
雨あがりの紫陽花(模写)
樹登り(模写)
笹舟
竹トンボ
しゃぼん玉
秋の風の匂い
お出迎え
父さんの里
春が来た
裏山の竹の子
田植え
水ぬるむ
蛍の季節
夏の想い出
夏の海の想い出
夏の朝
蝉とり
線香花火
百日紅(さるすべり)
三角おにぎり
往く秋
除夜の鐘
初詣
線路の向こう
古里の春の色
風薫る頃
魚とり
雨が降ります
トンボの目玉
里の夏
運動会
秋桜(コスモス)
秋のおくりもの
ミニギャラリー
旅の想い出
明日香の里
西伊豆の秋
心情・風景・感謝
思いやり
街道
健康に感謝
コロ助百態
コロ助百態(模写)
君が素直であれば
オーイ!待ってくれ
しー!静かに
思い切って
君の優しさ
おーい元気かい
君は弱いものに
君はどんな時にも
村のはずれのお地蔵さん
後 編
冬の寒い日
スキーの想い出
春の息吹
桜が咲いて春が来た
鯉のぼり
梅雨
リムころがし
蚊帳の想い出
夏休みの想い出
秋刀魚の季節
案山子さん有難う
囲炉裏端
初笑い
節分すぎても
弥生三月
城山の想い出
逆上がり
雨降って
魚釣り
盆踊り
お月見
栗拾い
秋の色
お餅つき
凧揚げ
書き初め
菜の花畑
春の主役
藤棚
七夕の日
蛍狩り
西瓜
秋の訪れ
父の菊
秋の収穫
木枯し小僧
お正月の遊び
節分
早春の香り
紙飛行機
小学校入学の頃
梅雨の増水
池の釣り
キャンデー売り
墓まいり


[出版社からのコメント]
時代によって移り変わっていく故郷の情景は、人によってはもう心の中でしか見られないものとなっているかも知れません。遠い眼差しで描かれた本書の作品には豊かな自然が描かれていますが、その風景の向こうにある自分だけの心の故郷を感じ、味わっていただければ嬉しく思います。


[著者プロフィール]
荒尾 遜(あらお・ゆずる)
・昭和14年(1939年)1月、岡山県新見市生まれ
・昭和32年 松下電器産業に入社
・平成11年 同社を定年退職し、現在に至る

※岡山県北西部の自然豊かな山と川のある町、新見市で生まれ育った事と、父親の里が広島県北端の中国山脈のど真ん中にあり、この田舎での生活体験が、私の記憶の中で大きく占めている。この事が本画集をまとめる契機となった。
(趣味)ゴルフほか

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品