みちくさの記:あの日の景色に、きっと出会える。

(著) 中川三郎

Amazon

作品詳細

A地点からB地点まで移動するとき、ある人はすべてを計画しその通りに実施することがモットーであり、ある人は何の計画も無しに、おおよその到着日時くらいしか予定せずに出かけてしまいます。私は後者なのです。計画をする能力に欠けるところがそうさせることもあるのですが、何よりも「予期せぬ出来事」に魅力を感じるのです。思いがけずに展開される風景や出来事が私の潜在する感覚を呼び覚ましてくれるのです。なにか懐かしい風や光や匂いや音を。東京生まれで東京育ちの私ですが、わずか6才くらいまで疎開先の香川県で刷り込まれた本能なのかもしれません。豊穣の稲田に満ちる甘い香りが確かに血液の循環を促進するのです。私のたぶん個人的な感覚、小さな写真たちではありますが、一枚でも共感いただければこの上ない幸せです。(本文より)

【著者プロフィール】
中川 三郎(なかがわ・さぶろう)

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報