もう一つの世界: 全身骨折で生死の境をさまよった私の臨死体験

(著) 福井大

Amazon

作品詳細

「私達は遅かれ早かれ、いつの日かもう一つの世界に旅立ちます。これは生きとし生ける者全ての運命です。その日が来た時あなたは? 私の経験が少しでも役立てば幸せに思います」(序文より)
全身骨折の重傷を負い、生死の境をさまよった末に、奇跡の生還を果たした著者。ICUでの治療中や手術中に体験した様々な超常現象を記録する。幽体離脱、羽の生えた小さな看護師たち、9歳で亡くなった息子との再会――私たちの常識を超えた「もう一つの世界」とは。

【著者プロフィール】
福井大(ふくい・たい)
和歌山県紀の川市在住
公害防止管理者一級・化学分析技能士一級・臭気判定士
第二級アマチュア無線技士
(識別信号/JJ3HEF.HL5ZKA.BW/JJ3HEF)
日本ユニセフハムクラブ会員・紀の川市防災無線チーム会員
韓国、台湾、中国、オーストラリア等、各国からの日本向け無線運用を行う。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品