わたしたちの護憲論: 絶対に改憲すべきでない理由

(著) 志賀紀雄

Amazon

作品詳細

「戦後七十年も経ち、戦争の悲惨さを知っている人達がどんどん減っていき、憲法改正がいよいよ現実味を帯びてきた中、危機感を持って本書を執筆する。まずは、憲法改正を主張する人達の代表的な意見に反論するところから始め、続けて憲法の平和主義、国民主権、基本的人権に関して、私の主張を述べてみたい」(はじめに)
この憲法、本当に変えてもいいんですか。
集団的自衛権の行使容認に、憲法改正議論――安倍政権下の日本はどこへ向かっているのか。世界情勢と歴史を俯瞰し、経済についても触れながら、九条改正、自衛隊、核武装、米国やアジア諸国との関係などあらゆる問題を考察、著者独自の論を展開する。日本国憲法和英対訳つき。
この本を読んでもまだ、憲法を変えたいと思いますか?

【内容】
第一章 改憲論への簡単な反論
第二章 平和主義に関して
第三章 国民主権に関して
第四章 基本的人権に関して
第五章 改憲に対する警戒
第六章 経済への提言
巻 末 日本国憲法和英対訳

【著者プロフィール】
志賀 紀雄(しが・のりお)
1946年8月、東京都北多摩郡東村山町生まれ
1965年3月、聖光学院高等学校卒業
1969年3月、東京都立大学工学部機械工学科卒業
1971年3月、東京都立大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了
1971年4月、東芝機械(株)産業機械事業部入社
1980年から1988年までアメリカ駐在
1999年9月、東芝機械(株)退職
2000年から2016年まで(有)ディーシーコミュニケーション代表取締役

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品