イカルチドリの子育て

(著) 春田行夫

Amazon

作品詳細

[商品について]
イカルチドリは桑鳲千鳥とも書かれ、古くから日本人に親しまれてきた。
本書は、そのイカルチドリの子育ての様子を、春から夏にかけて追った記録である。
豊かな自然公園の中で、トビやタカ、キジ、オオヨシキリ、ノウサギなど多様な生き物に囲まれながら夫婦で協力する姿は、ドキュメンタリー映画のようでもあり、写真だけでも楽しめる内容となっている。
自然観察の手引きとしてもお勧めしたい一書。

「目次]
イカルチドリの子育て

[出版社からのコメント]
近年、イカルチドリは個体数が減少し、私たちが目にする機会も少なくなっています。本書は単なるイカルチドリの子育て記録ではなく、抱卵の交代の様子や居眠りする親鳥、擬傷の姿など、フィールドで野鳥を見守ってきた著者ならではの視点でイカルチドリを見ることができる、貴重な資料でもあります。美しい朝焼けと夕焼けの写真にはさまれたイカルチドリの日々を楽しんでいただき、身近な野鳥に目を留めていただければ嬉しく思います。

【著者プロフィール】
春田 行夫(はるた・いくお)

1939年
種子島に生まれる
1963年
関西学院大学卒業、高校教員となる(2000年定年退職)

写真歴
高校時代写真部を立ち上げ、写真を勉強
個展・グループ展多数

賞歴
JPS展銀賞(1997年)その他多数
「種子島海道」「セッカの子育て日記」など出版
その他、週刊誌・機関誌紙に写真提供

所属
日本自然科学写真協会員
日本写真芸術学会員

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報