エコハウスブック: 自然となかよく暮らすための12章

(著) 灰山彰好

Amazon

作品詳細

なるべく機械設備に頼らない環境工学設計と太陽・風・樹木などのいわゆる自然へ回帰する方法を用いたエコハウスの設計から、実証的な方法論によって環境ecoデザインを説く——「日射環境と色彩/ケバい色は涼しい?」、「Whole house/CAT流の住宅作法」、「エコハウスのかたち」などの計12章で構成。巻末には“日射マネージャーHeat-01の使い方”に関する「研究ノート」付き。実務や設計課題の参考書として最適な一冊!

【著者プロフィール】
灰山 彰好(はいやま・あきよし)
1941 年 広島県に生まれる
1963 年 広島大学工学部建築学科卒業
1966 年 広島大学大学院工学研究科修士課程修了
1966 年 広島大学工学部
1993 年 広島女学院大学
現在   広島女学院大学教授
工学博士

著書
都市の風水土・都市環境学入門(共著、朝倉書店)
住空間のコンセプトとバリエーションインテリア記号論の試み(渓水社)

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報