ガラスの鍵

(著) 菅田直彦

Amazon

作品詳細

六篇の作品は同人誌「北総四季」に載せたものである。最初と最後の作品の間には、また十年の歳月が流れた。
すべてなにかを試みた、いわば実験である。しかし、主人公にはごくふつうの人物に登場をねがい、さりげない言葉で語ってもらった。

試みについて……

秘密の鍵
ある夜突然友人が訪ねてくる。あるいは自分が友人を訪ねていくことがある。そこまでは、どこにでもよくあることだ。しかし、そこから一歩つき進んでみよう。その友人が部屋を通り抜けて、意識の奥の部屋に一歩はいってくることはあるまいか……。(本文より)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品