グッド・オールド・デイズ:輝いた日々、夢見た日々、思い悩んだ日々【電子書籍版】

(著) 藤森靖允

Amazon

作品詳細

[商品について]
―光輝く日々は、ここにある―
無事に仕事を勤め上げ、穏やかな日々を過ごすなかで思い出されるのは、若き人生の日々や、そこで出会った様々な人々。それは先を見据えた日常を生きる今と、忘れることのない思い出が紡ぎ出す、かけがえのない物語だった――。
入院した病院でみた不思議なお婆さんについて描いた「お婆さんのすり足」、彼女と結婚するために司法試験を目指した若者の顛末を描いた「弁護士」、武装ゲリラに襲われ誘拐された同僚が時を経て事件について語る「男子会」など、日々の出来事をあるときは随筆風に、あるときは小説風に描いた作品集。

[目次]
はじめに
私の幸福論
お婆さんのすり足
お爺さんのおたけび
弁護士
女友達
落し物
イギリスからの友
愛国心と愛社心
タテの線
同期会
男子会
入れ替わり
夢の女
養子
消息
見舞い
植木屋の六さん
下町のお咲さん
振り提灯
おわりに
著者紹介

[出版社からのコメント]
過去は、時の流れとともに消えゆくものであるとしても、出会った人や過ごした人とともに、今を生き続けるものなのかも知れません。本書の中にあるそうした日々を、多くの方に楽しんでいただければ嬉しく思います。

【著者紹介』

藤森靖允(ふじもり やすみつ)

1942年東京生まれ。
1965年慶應義塾大学商学部卒業。
同年東レ株式会社入社。海外事業を中心に大半を国際畑で過ごす。
その間、経営企画や国際法務の経験もする。
1978年から2年間ロンドンに駐在。
2003年退職。
著書に『いろいろにコスモポリタン』『楽しみはアフター・エイトに』『もっと知りたいイギリス』などがある。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品