セピア色の明治: 「舞姫」に垣間見る明治の実相

(著) 杉本完治

Amazon

作品詳細

「『舞姫』理解の基本は、実は『明治』の理解にあるといってよい。『舞姫』をはじめとする鷗外の小説には、さまざまなところにさまざまな『明治』が描かれている。明治探索の材料をいま『舞姫』に設定し、関連のエピソードを書いた」(まえがきより)
近代日本文学の曙を告げた『舞姫』はいかにして書かれたのか。森鷗外にまつわるエピソードとともに、彼が生きた明治時代の暮らしや世情から、作品を徹底的に考察する。
鷗外ファンはもちろん、近代日本文学の愛読者、明治時代に興味がある人など幅広い読者におすすめしたい一冊。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品