ヒト・ひと・人: ー人間とは何かー

(著) 國安愛子

Amazon

作品詳細

私たちは、日々の忙しさを言い訳に、思考することを忘れていないだろうか……?
何気ない日常の中から、生物としての“ヒト”を観察し、人間的存在としての“人”の生き様を考える、〈哲学的なひと時〉から生まれた珠玉のエッセイ集。時には美術家を、時には映画の登場人物を、時には古代の人々を題材に、平易な文章で、著者の思う「普遍的な人間像」を作り上げる。
人間が「人間」について考える、そんなひと時の重要性を再認識させられる一冊。

【著者プロフィール】
國安 愛子(くにやす・あいこ)

1957年広島大学卒業。1963年より福山女子短期大学に勤務。1972年、同教授。1981年より広島大学教授。音楽史・音楽教育・音楽心理学等の研究に携わる。主な著書は「事典形式 音楽概論」(音楽之友社)「リズム教育」(北大路書房)、「音楽教育学の展望Ⅰ」「音楽教育学の展望Ⅱ」「音楽教育学研究」(以上は日本音楽教育学会各10・20・30周年記念出版 音楽之友社)「子どもと音楽」(同朋社)他。主な論文は「The Sonorous World as Energy and Movement」「ルネサンス音楽に関する社会文化史的考察」「ルネサンス音楽に関する音楽社会学的研究」「ルネサンス音楽に関する近代性の出現」(以上、「音楽学」)他。現在は広島大学名誉教授。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品