ブッダの闘い

(著) 黒坂和雄

Amazon

作品詳細

[商品について]
ブッダの闘いと聞いてみな何を思い描くだろうか。「ゴータマ・ブッダ(釈尊)が気が付いたことの一つは、一切の存在は、原因、結果の法則のなかにある――条件によって生起する ――ということではなかったか。彼はブッダ(目覚めた人)となってからも、なにと闘い続けたのであろうか…」。とある僧がこのような説くところから物語は始まる。仏教とは、宗教とは果たしてなんなのか、このような問いとともにストーリーが展開し一体どのような最後を迎えるのか、ぜひとも自身目で見届けよ。

[目次]









10
11
12
13
14

[出版社からのコメント]
我々日本人にとって、身近でありつつも不思議な存在である仏教。その教えもまた、深く理解していない人が多いのではないでしょうか。仏教の成り立ちや教えといったバックグラウンドを学びながらぜひお楽しみいただきたい一冊です。

[著者プロフィール]
黒坂 和雄(くろさか かずお)
1940年 長野県に生まれる
1958年 長野県長野工業高等学校機械科卒業
1963年 長野県職員となる
2000年 定年退職
2001年 仏教四大聖地巡りのツアーに参加
2006年 釈尊七大仏跡巡礼の旅に参加
2015年 現代日本文芸作家大賞、ミラノ国際文学大賞を受賞
2016年 イタリア最高文学勲章を受賞
2017年 エコール・ド・パリ国際文学賞 受賞

人間ブッダ研究会会員
明悠会委員

人間ブッダ研究会:公式ホームページ
www.humanbuddha.com

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報