ヘミシンクとスピリチュアリズム: ガイドのメッセージと津波生還

(著) 上原忍

Amazon

作品詳細

2050年の世界を目撃、体外離脱し空を飛ぶ――驚愕のヘミシンク体験とは

モンロー研究所が開発した、音響を用いて人を変性意識状態に導く技術「ヘミシンク」。モンロー研究所でのヘミシンク・ワークに参加した著者は、そこで未来世を目撃し体外離脱を体験する。
本書は、スピリチュアリズムとヘミシンクについて解説し、著者のヘミシンク体験を紹介。ガイド(主護霊)から東日本大震災の警告を受け、津波に襲われながらも九死に一生を得た経験についても語る。
アセンションの時代にあって、今をどう生きるべきか……迷える現代人必読の書。

【著者プロフィール】
上原 忍(うえはら・しのぶ)
歯科医師・歯学博士。日本心霊科学協会会員。日本ホリスティック医学協会会員。福来心理学研究所会員。
1952年、群馬県生まれ。
1976年、群馬大学卒業。
1982年、東北大学卒業。
著書に『ヘミシンクによる未来世体験──驚異のヴィジョンとその検証』(文芸社、2008年9月刊)がある。

ブログ
「アセンション2012」(http://plaza.rakuten.co.jp/ascension21/)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品