モザイク画の女たち ビザンティン帝国 もう一つの歴史

(著) 乾明

Amazon

作品詳細

ビザンティン帝国――東西の文化が輻輳し、多くの民族が興亡する激動と爛熟の帝国時代、力の争奪に明け暮れる男たちの陰で、女たちは時代に翻弄されつつもしたたかに、しなやかに生き抜いた。その映えを残す聖堂のモザイク画から当時の栄華と混迷を偲ぶ歴史紀行本。

【著者プロフィール】
乾 明(いぬい・あきら)

本名 福井 正明
1938年東京生まれ
早大卒、岩手県盛岡市在住
近年の著書
『巷説ビザンティン建築』(アートフォーラムいわて 2012)
『モザイク画の女たち』(文芸社 2015)
『特美と共に』(アートフォーラムいわて 2017)
『巷の三代記』(ブイツーソリューション 2019)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品