一所懸命

(著) 平沢文雄

Amazon

作品詳細

[商品について]
―スキーを愛する全ての人に届けたい想い―
日常空間にはない雪山という大自然の中で、澄みきった大気を胸いっぱい吸いながら、見渡す限りの白いゲレンデを、重力エネルギーと2本の板を使って自在に滑り降りるスポーツ、「スキー」。それは心の奥底に眠る精気を目覚めさせ、身体の能力・諸機能に良い影響を与え、ストレス解消や上達の喜びも伴いながら「いきいきと生きる」ための活力を与えてくれる素晴らしく魅力的な世界です。
しかし、残念ながら日本のスキー指導員の多くは技術的な指導に終始し、自然環境への意識や自分らしい生き方を実現する役割など、スキーの持つ社会的な価値に目を向け、スキーの奥深い魅力を広めようという意識を持って活動しているとは言えない状況にあります。
本書は、そうした「スキー教師」の現状を憂えながらも、「社会的に認められるスキー教師」という理想の実現を目指して、真摯にスキーに向き合い走り続けてきた著者が、今も尽きない理想の「スキー教師」像への想いと、スキーの素晴らしさを綴った「スキー賛歌」ともいえる作品です。

[目次]
飛翔
勇躍
思索
人生、明日はわからない
あとがきにかえて
BSA ベストスキーアカデミーについての紹介
著者プロフィール

[出版社からのコメント]
娯楽でもあり、冒険でもあり、己れや自然と向き合う哲学でもあるスキーというスポーツは、独特な魅力がある様に思います。そこには雪山の持つ荘厳で静謐な美しさと厳しさと、子どもの頃に遊んだ滑り台の様な理屈ではない楽しさがあります。スピード感を味わったり、ハイキングの様に散策をしたりと、好みやシチュエーションによって様々な楽しみ方ができるスキーの魅力を、多くの方に味わっていただければ嬉しく思います。

[著者プロフィール]
平沢 文雄(ひらさわ・ふみお)
1934年12月12日 新潟県北魚沼郡小出町生まれ
1961年12月 浦佐スキー学校創設、校長に就任
1962年8月 浦佐スキー観光株式会社入社
1968年8月 同社、常務取締役に就任
1983年8月 同社退社、相談役となる
1986年4月(株)平沢スキー研究所開設
「スキービジネスの総合コンサルタント業務」
・(株)平沢スキー研究所 代表取締役
・ベストスキーアカデミー(BSA) 代表
・ビューティフルスキートレーニング協会 代表
・平沢文雄スキー塾 塾長
・NPOウインターレジャーリーグ幹事
・NPOナイスエージング・スキーヤーズ協会
  (NA-SA)理事長
・(財)全日本スキー連盟教育本部アドバイザー
シニアスキーヤーのスキー指導に情熱を傾ける
著書『大人のベストスキー』(実業之日本社)
  『日本人のスキー革命』(スキージャーナル社)他多数

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報