万葉仮名小辞典――万葉集・古事記歌謡

(著) 米谷潔

Amazon

作品詳細

[商品について]

―万葉集を原文で読めば、また違った魅力が見えてくる―

漢字の音訓だけを借用して「やまとことば」を表記した「万葉仮名」。万葉集の原文は4516首すべてが漢字だけで表記されており、そこには万葉びとの豊かな心と知性、そして読み下し文とは違った味わいがある。本書は、『万葉集』と『古事記』の歌謡を対象に、歌詞から名詞と動詞を主体に一部の語句の読み下し文と原文を抜き出し、歌番号や使用例を付してまとめた、原文で楽しむための万葉仮名小辞典である。訛(方言)で表記された語句や用字法、万葉仮名一覧も収録。



[担当からのコメント]

読み下し文を調理された後の料理とするなら、万葉仮名はまさに素材そのもの。そこからはどんな読み下し文でも成し得ない万葉びとの香りが漂ってきます。令和の時代に、万葉集を原文で読んで味わい楽しむのも一興ではないでしょうか。



[著者略歴]

米谷 潔(よねたに・きよし)



1947年   大阪市生まれ。

1970年   大阪市立大学法学部卒業後、三洋電機(株)入社。

2004年3月 三洋電機(株)営業開発本部新規事業統括部長を

        最後に退職。

2004年4月 学校法人園田学園事務局長として入職。

2006年   JCI(株)設立、代表取締役社長に就任。

2015年   奈良まほろばソムリエ(奈良検定)。



高校の時のクラス担任(清原和義先生)が万葉学者の犬養孝氏の愛弟子であったことから万葉集との関わりが始まる。



著書

『人生あ・い・う・え・お・ん』(新風舎 2006年)

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報