再生へのエール :アルコール依存症者の自立支援センター『いばしょ』の物語

(著) 風見豊

Amazon

作品詳細

[商品について]
―同じ目線で語られる人生―
飲酒をする人であれば、誰でもなる可能性があるアルコール依存症。治癒が難しく、社会復帰にも多くの困難が待ち構えるこの病気は、いかにして生じるのか。
本書は、アルコール依存症患者の自立を支援する施設である「いばしょ」に集う人々の中に秘められた記憶を、文字という形で整理し、病気の根源となるものを見つけようと試みた作品である。
アルコール依存症と、その患者の現実を知るための貴重な一書となっている。

「目次]
『いばしょ』とは
『いばしょ』ができるまでの記
「知りたがりやん」の旅の始まり
1.所長の幸子(さちこ)さん
2.幸子さん入院!
3.副担のまさ子さん
4.サブ担のゆう子さん
5.冬でも短パンツの京一(きょういち)
6.真っすぐ過ぎる富郎(とみろう)
7.素直になってきた健(たけし)
8.起きてイルのに眠ってイル忠彦(ただひこ)
9.まだまだ甘えていたかった匡(ただし)
10.見かけによらず真面目な孝二
11.棘とげしさが無くなってきた睦子(むつこ)
12.もう少しで心が開きそうな正則
13.ほんの少し自分が見えてきた真代
14.ドっぷり鬱から抜け出した昭男(あきお)
15.まだまだ母親になり切れないけい子
16.嵐が過ぎて静かな老後を迎えている靖枝さん
あとがき
登場人物の感想
「知りたがりやん」の旅の終わりに
本書に寄せて
著者略歴

[出版社からのコメント]
アルコール依存症患者の記憶を掘り起こすということは、その人の人生について掘り起こすということでもあります。本書はアルコール依存症をテーマとした作品ではありますが、家族や人生について考えるきっかけともなる内容となっています。多くの方が本書に目を留めていただければ嬉しく思います。

【著者略歴】
風見 豊(かざみ・ゆたか)
1950年、北海道北見市生まれ。39歳の時にアルコール依存症と診断され、専門病院に入院し治療プログラムを受ける。退院後、三鷹市断酒会を経て、東京断酒新生会に入会。2006年にNPO法人京王断酒会が運営する、アルコール依存症者本人と家族のための自立支援センター『いばしょ』を設立。理事長としてアルコール依存症者の回復と社会復帰を支援している。著書に「アルコール依存症の正体~私という酒乱はこうして生まれた」がある。

NPO法人京王断酒会 自立支援センター『いばしょ』
〒182―0024 東京都調布市布田1―29―4 川口第二ビル3F
電話 042(489)9357
オフィシャルサイト:www.keiodanshu.com/

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報