冥界からのメッセージ

(著) 上原忍

Amazon

作品詳細

[商品について]
煩悩に満ちているこの世界の中で、人としての道を過たず有意義に過ごすために、ガイド(指導霊)の声に耳を傾け、その存在を日々意識しなければならない。
本書は、著者とガイドとの108の対話を通して、先行きのわからない不安な社会に生きる現代人に、普遍的な真理を指し示す書物である。

「目次]
まえがき
1 ガイドについて
(1)ガイドの定義
(2)ガイドとの対話
(3)霊界通信の方法について
1)霊言現象
2)自動書記
3)幽体離脱による手記
2 スピリチュアリズムについて
―― スピリチュアリズムから得た十訓 ――
3 ヘミシンクについて
4 ガイドとの対話
5 ガイド以外のスピリットとの対話(9編)
あとがき
参考文献
著者略歴

[出版社からのコメント]
死は私たちの身近にあるものでありながら、もっとも遠い存在であると言えますが、現代の生活環境の中で、死は隠蔽され、私たちから厳重に隔離されています。
「死後の世界」を信じない人が、現実にある多くの死から隔離されたこの不自然さに違和感を覚えなくなっていること自体、現代社会の行き過ぎた病理といえるかもしれません。
その様な現代社会に生きる私たちが、自分が置かれている環境とは別の視点で世界を見たいとき、本書はその一助となると思います。

【著者略歴】
上原 忍(うえはら・しのぶ)

歯科医師・歯学博士。(一般財団法人)福来心理学研究所会員(理事)。(公益財団法人)日本心霊科学協会会員。(NPO法人)日本ホリスティック医学協会会員他。

1952年 群馬県生まれ。
1976年 群馬大学卒業。
1982年 東北大学歯学部卒業。
2005年 東北大学大学院歯学研究科博士課程卒業(歯学博士)

著書
『ヘミシンクによる未来世体験ー脅威のビジョンとその検証』(文芸社、2008年9月刊)
『ヘミシンクとスピリチュアリズムーガイドと震災体験』(文芸社、2012年3月刊)
『幽界訪問記108話 死んでも死なない―肉体は無くなっても魂は、永遠に生きる』(出版社:創栄出版、2018年8月刊)
ブログ

アセンション2012
http://plaza.rakuten.co.jp/ascension21/

幽界訪問記
http://ameblo.jp/toritori98/

ガイドとの対話
http://84382745.at.webry.info/

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報