千趣宣誓6

(著) 野々山睦

Amazon

作品詳細

「新しい革靴を買う必要もなし定年の秋の深まり」

おじさん短歌、ついに6000首突破!

短歌を1000首詠むごとに一冊本を出す「千趣宣誓シリーズ」も本書で6冊目。
ジム通いで汗をかき、大好きな歌手のライブに感動、温泉宿でのんびり……平穏な作者の日常に異変が。急性胆嚢炎でまさかの入院。そして、ついにやってきた定年退職の日。第二の人生が幕を開けた!
ユーモアあふれる短歌1000首を収録。さらに、twitter風のつぶやき、ショートショート、エッセイ、海外恐怖体験記――なんでもありの楽しい作品集。

(収録作品より)
こんなにも若葉繁れる眩しさに皐月病なぞ掛かるヒマはない
長押しに二度のクリックそのむかし モールス信号だったつツーツツ
ラマダンの断食月の 小夜ふけてスマホ手放し人の目を見ゆ
ニュースなど見ないと決めてリモコンを 自分に向けてスイッチ入れる
パソコンの不具合直して日曜日 オヤジの面目躍如微々たり
旅先の二人で歌うカラオケの 調子外れのロンリーチャップリン
ゆく夏を惜しむ浜辺の花火にも ヒヤリハットの秋風や吹く
絞り出す九月の蝉のなく声に もう充分と労をねぎらう
大の字にベンチ寝そべる三毛猫にどこ吹く風の株の暴落
チコちゃんに叱られるってばバカボンのパパはつぶやくこれでいいのだ

【著者プロフィール】
野々山 睦(ののやま・むつみ)
62歳
1956年1月生まれ愛知県刈谷市出身
1978年3月立教大学経済学部卒業後プラント輸出企業に40年勤務後
2017年12月退職。
この間海外プラント用資材調達部門で国際調達の仕事に携わり外国企業との契約業務などで海外駐在・渡航を重ね世界25ヵ国を訪問。著書に「私の海外恐怖体験記Part1」短歌千首ごとに「千趣宣誓」と題しシリーズ全5巻まで歌集を継続して発行している。いづれも自費出版による。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報