句画集 蒼い岬: 旅の果てに

(著) 布下正宏

Amazon

作品詳細

ーきっかけは高校1年生の時の国語の授業からだったー
科学の先端と若者の成長を見つめつづけ著者が、その軌跡を俳句とスケッチで辿る。
「蒼い」時代に体験した喜怒哀楽を綴った青春の句画集。

著者プロフィールーーーーー
布下 正宏 (ぬのした まさひろ)
昭和17年、岡山県生まれ。
大阪大学大学院基礎工学研究科を修了と同時に三菱電機へ入社。
京都製作所、中央研究所、東京本社、材料デバイス研究所、
先端技術総合研究所において、30年間に亘り光通信用光部品、
液晶ディスプレイ、赤外イメージセンサ、超々LSIなどの研究開発と
事業化に従事し、工学博士取得。
55歳で退職。
平成10年に新設の奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科の
教授に就任し、10年間フォトニックデバイス物理の教育・研究を推進、
および評議員、副研究科長として大学の法人化/経営に尽力。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報