唐詩読解法

(著) 松尾善弘

Amazon

作品詳細

本書は漢語(特に唐詩)の「平仄」に関する研究書であり
またその語法に関する論考である。

漢語の碩学である著者が、その知識を総動員して送る
知的でユニークな唐詩の読解術とは?
「それは平板なくり返しではなく、蝸牛の如き歩み、小さな発見の積み重ねではあっても、螺旋状の発展であったと自負している」(まえがきより)という著者の渾身の漢詩・漢文読解法。

著者プロフィール:
松尾 善弘(まつお よしひろ)

1940年 台湾・台北市にて出生。
1946年 鹿児島県出水に引き揚げ、小 • 中・ 高時代を過ごす。
1959年 東京教育大学分学部漢分学科入学。
1963年 同大学院中国古典学科・修士課程入学。
1967年 同上博士課程入学。
1971年 日中学院講師・法政大学・駒沢大学・早稲田大学の中国語非常勤講師。
1975年 鹿児島大学教育学部助教授。
1981年 同教授。
1997年 山口大学人文学部教授に転任。
2003年 同定年退職。

新刊情報