唐詩鑑賞法: 平仄法の検証による正しい読解・鑑賞法

(著) 松尾善弘

Amazon

作品詳細

[商品について]
ー唐詩を真に理解する鍵は「平仄」だった! 作詩者の心に近づくための読解術を徹底解説ー
唐詩を日本語の書き下しで読む場合にはあまり考える必要のない「平仄(ひょうそく)」。しかし、作詩を行うときは「平上去入」を意識するため、唐詩を作詩者の意図に近づいて丸ごと理解するためには、現代漢語の発音と文法をマスターし、平仄の規則に気を配る必要がある——。唐詩を極めた著者が、夏目漱石、西郷隆盛などの詩の分析を通じて、唐詩理解のための正しい筋道を指し示す。

[出版社からのコメント]
学校で習う漢詩は、何が書かれているかが重視され、漢詩原文をどう読むかには焦点が当たりません。しかし本書によれば、漢詩は声調ありきだと言います。これまで以上に漢詩を深く理解したい人、漢詩を作ってみたい人、必見の書です!

【著者プロフィール】
松尾 善弘(まつお・よしひろ)

1940年 台湾・台北市にて出生。
1946年 鹿児島県出水に引き揚げ、小 ・ 中・ 高時代を過ごす。
1959年 東京教育大学分学部漢分学科入学。
1963年 同大学院中国古典学科・修士課程入学。
1967年 同上博士課程入学。
1971年 日中学院講師・法政大学・駒沢大学・早稲田大学の中国語非常勤講師。
1975年 鹿児島大学教育学部助教授。
1981年 同教授。
1997年 山口大学人文学部教授に転任。
2003年 同学部を定年退官。

《著書》
『漢語入門(発音編)』1989.4 白帝社
『漢語入門(文法編)』1993.3 白帝社
『唐詩の解釈と鑑賞&平仄式と対句法』1993.4 近代文芸社
『批孔論の系譜』1994.2 白帝社
『尊孔論と批孔論』2002.12 白帝社
『漢字・漢語・漢文論』2002.12 白帝社
『唐詩読解法』2002.12 白帝社
『唐詩鑑賞法』2009.12 南日本新聞開発センター
『日中漢字・漢語・漢詩・漢文論』2012.2 斯文堂
『大久保利通(甲東)漢詩集』監修 2012.12 斯文堂
『川路利良漢詩集』監修 2016.11 斯文堂

《電子著書(22世紀アート)》
『日中 漢字・漢語・漢詩・漢文 論』2015.12
『尊孔論と批孔論』2016.3
『唐詩読解法』2016.9
『漢語入門: 中国語初級テキスト 発音編・文法編(テキスト用音源ダウンロードコード付き)』2017.10
『西郷隆盛漢詩全集: 増補改訂版』2018.3
『増補版 大久保利通(甲東)漢詩集』2018.8
『大警視 川路利良漢詩集』 2018.11

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報