図説・石川県の城 Ⅴ:続・能登の山城

(著) 高井勝己

Amazon

作品詳細

「城を追い求めて、早四十二年の歳月が流れました。その過程で石川県内に存在する城跡を図面に残したいと考えたのは、平成四年のことでした。「誰もが自分の目で確かめられるように」との願いをこめて進めてまいりました。これまで紹介したのは、能登の山城で百三十一ヵ所、加賀の山城で百二十二ヵ所です。しかし、その後も未調査あるいは未発見のものもあって調査を続けてまいりました。
この度、整理をしてみますと六十六ヵ所が紹介できる状況となり、一区切のつもりで、能登の山城の続編として出版することにしました。これで能登の城舘堡の図は百九十七ヵ所となりました。また、次回には、加賀版の続編も計画しておりますので、ご期待願えれば幸いです。」(序より)

【著者プロフィール】
高井 勝己(たかい かつみ)
1945年石川県七尾市生まれ。67年3月近畿大学農学部卒。石川県農業協同組合中央会勤務を経て、現在、学術団体・日本城郭史学会評議員、石川郷土史学会常任幹事。

城とのかかわり
1963年 日本城郭協会会員。
1964年 同協会近畿支部学生部長。
1965年 日本城郭近畿学生研究会に所属。1983年から90年まで金沢市教育委員会文化課城 郭調査員。

主な著書
石川県の城郭集(昭和43年)
石川県城郭総覧(昭和56年)
天堂城跡(平成12年)
図説・石川県の城シリーズ[I能登奥郡の山城(平成9年)、 II能登口郡の山城(平成14年)、III北加賀の山城 (平成13年)、IV南加賀の山城(平成12年)、V続・能登の山城(平成17年)、VI続・加賀の山城(平成19年)、VII能登・加賀の山城 追録編]
能登国観音[能登三十三札所](平成元年)
金沢観音巡證西国三十三札所(平成5年)
金沢の古城跡(共著・昭和60年・金沢市教育委員会)
高尾城跡詳細分布調査報告書(共著・平成2年・金沢市教育 委員会)ふるさとの遺産神和住城(平成16年・斉和地区振興委員会)
青谷砦跡調査概報(平成20年6月)

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報